国民 の 休日。 あなたはいくつ知っていますか?「国民の祝日」の由来

その後、4月29日を昭和の日とするのと同時に、みどりの日をこの日に移動 通達によると、祝日法は、国民の祝日に休ませることを強制的に義務づけするのでなく、労基法上の毎週1日又は4週4日の休日を与えている限り、国民の祝日に休ませなくても労基法違反とはならないとしています(昭41.7.14基発739号)
それまでも四大節の一つ「四方節」として、天皇が元旦の早朝に天地四方を拝する宮廷行事が行われる祝日でしたが、法に定められた休日ではありませんでした 1973年から始まりました
また、特に「国民の祝日」を指すことも多くなっています 新しい憲法が「自由と平和」に基づいていることもあり、自由と平和を大切にした文化を国に広げていくために制定されています
海の日 7月の第3月曜日 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う ・ 山の日:8月11日/山や自然に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する
なお、山の日は日曜日なので、翌日の8月9日(月)が休日になります 追記:11月27日の参院本会議で可決、成立した
なお、従来の祝日にあたる日は平日となります この数、世界的に見て多いのか少ないのか・・・実は、世界第2位の数なのです
(山口県 A社) 祝日法は、企業に対して労働者への休日付与義務を課すものではなく、労働基準法(以下、労基法という)上の法定休日とも関係がありません いずれも、休日の重複適用を避けるための措置である
そこで今回は、祝日と祭日の違いご紹介します 国民の祝日は休日と定められてはいるものの、それを強制する法律はないためです
公立の学校、役所などはお休みです もしかしたら、小さな子どもから「国民の休日って、何の日?」と聞かれて答えられないと「ボーッと生きてんじゃないよ!」と叱られるかもしれません
第3条 「国民の祝日」は、休日とする 秋分の日 秋分の日由来 夏から秋へと気候も変わっていくタイミング
3 42 8