箕輪 厚介。 自称天才編集者・箕輪厚介氏のセクハラ・パワハラメッセージを解読 女性ライターは必死に抵抗していた|能町みね子 (2020年5月22日)

みの編メンバーがつくりあげてきた、素敵なコミュニティです したがってお近くにいらっしゃる皆様、是非今回のことを重く受け止めていただけないでしょうか
『破天荒フェニックス 「オンデーズ」再生物語』田中修治(2018年9月5日)• 2015年にに転職し 、『多動力』、『人生の勝算』、佐藤航陽『お金2. その後も30分おきにサプライズゲストが来てくれましたが、僕は「こういうの要らないから」と言って サウナ好きはもちろん、何かに偏愛を捧げられていない人に届いてほしい一冊です
ネットにアップした謝罪文は多くの人の目に触れることになりますから、良くも悪くも書籍の宣伝にはなるでしょう 周囲は最低限、 これ以上の二次加害を起こさせないように真剣に彼の言動を止めるべきだろう
そんな不安を抱えながら、すごく嫌な思いをしてでも編集者に笑顔を向けなければならない
箕輪厚介さんがまだ無名の時代から支えてくれていた大切な女性のようです 意味がないことを知りながら上司のために仕事をすることは真面目でも何でもない
『仕事2. 箕輪厚介さんも頭が上がらないようです 『死ぬこと以外かすり傷』(マガジンハウス)(2018年8月28日)• 技とかじゃなくて、ただゆっくりしたいだけ!」 A「私が変なことしちゃうんで!!だめです!wこの年になってヤリマンとか、自分で自分が好きじゃなくなります笑」 ここでAさんが自分を下げているのをそのままの意味で取るのはあまりにも浅薄であると思う
もっとみの編で様々なことを学びたかったのですが、誰かが声をあげなければ社会は変わらないので 事実関係を認め、罪や問題行動に向き合うことをしなければ、本質的な部分で人は変わらない
45 60

価値観がアップデートされないのであれば、また同じような被害者が構造的に生まれていくことになろう。

『読書という荒野』(2018年6月6日)• スッキリに箕輪厚介さんが3回目の登場。

それで 小手指(埼玉)に住んでたんですけど、西武池袋線の通勤が本当にツラくて。

ベストセラーを連発してきた天才編集者の仕事術について書かれています。

箕輪「お城みたいなとこあったからそこ行こう!あとは入ってから、話そう」「なんか色々遊べるし、DVDとか見れるし!」「お願いします。

同誌のコンセプトは「 偏愛」「 丸裸」「 混沌」。

自著『死ぬこと以外かすり傷』のタイトルは初出ではない疑惑も なお、箕輪氏の自伝的著書でありキャッチフレーズとなっている「死ぬこと以外かすり傷」は、少し検索すると、マルチ商法やネットワークビジネス界隈でさかんに言われている言葉であることが分かる(少なくとも箕輪氏が初出ではない)。

この約230文字あまりの謝罪文も、さぞや名文であろうと思われた。

39