ウーラオス育成論。 【ポケモン冠の雪原】カプレヒレの育成論と対策|おすすめ性格【剣盾】|ゲームエイト

ですが書けば書くほど墓穴を掘った感も否めません。
素早さも丁度1抜いている タイプ相性的に有利ではないポケモンでも、すいりゅうれんだのタイミングで後投げに成功すればそのまま処理できてしまう可能性もあります
おっしゃるように、よくあるだっしゅつパックりゅうせいぐんのような初手で高火力を出しつつうち逃げする事で、読み合いのリスクを避けながら有利対面を作ることを目的としています なので、採用の場合は追加効果狙い
2種類の形態は種族値・特性は同じだが、第2タイプと、確定急所の専用技を含めた習得技に違いがある 被ダメ 全て非DMでの割合です
【連撃ウーラオスの特徴3】キョダイレンゲキ 特性のふかしのこぶしではダイウォールで防がれてしまいますが、キョダイレンゲキはダイウォールすらも貫通して攻撃する技です あの人のコメントにも所々に的を射た一理ある内容はありました
H252:53. 起点作りポケ…上で挙げた超火力弱点技持ち相手にも弱保発動を狙っていけるようにできます 該当箇所を修正しました
また、ダイマックスを前提としてはいませんが、 キョダイマックス個体を採用しています (物理) B172のボディプレス 41. ちょうはつ 実は覚えます
カプ・レヒレの対策 上を取れる高火力ポケモンで押し切る カプレヒレは素早さ種族値が85と環境にいるポケモンたちと比べるとやや低く、自身で回復技を持っていないため、カプレヒレの上を取れる高火力ポケモンで押し切る戦い方が対策としておすすめです 【一撃ウーラオスの特徴1】専用技:あんこくきょうだ 一撃ウーラオスの専用技はあんこくきょうだという確定急所技になっています
とんぼがえり 有利対面時は「あんこくきょうだ」を撃った方が、相手の「居座り」「引き」共に安定する事が多いため、主に不利対面からの脱出を目的とします 対策方法 どちらの型にしろ物理アタッカー1本なので鬼火が有効
とんぼがえり:サイクル用• そしてダイジェット(つばめがえし・アクロバット)でSを上げることも可能という優秀な性能 ダイソウゲンでHPを回復できるが、ミストフィールドがなくなってしまう点に注意 相手の起点を回避できる
細かいだなんてとんでもないです チョッキ持ちの可能性が高い物理アタッカーポケモンが相手のラストに来そうな場合かつステロ展開がなさそうなとき、非常に刺さるでしょう
59 68
いわなだれ、ストーンエッジ リザードンやファイアローの4倍弱点を突けるものの、残念ながらそれらのポケモンには先制されてしまいます (最高順位が最終3万位台とか、そういうレベルです) そんな僕でも、ウーラオスという最新のポケモンの新たな可能性を開拓できるのではないかと思い、思い切って投稿してみたのがこの育成論です
僕も拝見しました 本育成論は鎧解禁初期に投稿したものですが、今でもこのようなコメントをいただけるのは投稿者として嬉しい限りです
コメント 2 最終92位 いいね! 投稿者:かに• ただその分、全抜き性能やダイマックス相性等を犠牲にしていますから、相手の受けを捕まえた時の爆発力は海鼠男さんのビルド型の方が向いてますね 【一撃ウーラオスの特徴7】ダイジェッター 一撃ウーラオスも連撃ウーラオス同様飛行技を覚えるので、ダイジェッターとして活躍することもできます
上からトンボでの対面操作に加えそれなりの耐久、サイクル性能がとても高い上に全然火力でないなんてこたぁない 怯みも狙える
その他の技候補 対フェアリーに 水は、襷や鉢巻、スカーフ持ちのアタッカーが多いため、弱保が警戒されにくいポケモンの一角だと思います
通常使用にやや難があるか にもかかわらず今回いちげきのかたを採用した理由を記していきます
59