ジェットフォイル 佐渡。 ジェットフォイルは、なぜ、“海を飛ぶ”のか?

帳簿価格は2,409,000千円、譲渡価格は3,050,000千円。 写真は2階席です。 当時は専用のドックがなく、故障発生時は新潟市内の他のドックにて作業を行っていましたが、使用中で利用できず他の造船所を探し回ったこともありました。 にパトロール用の小型艇が実用化された。 乗客らは引航される間、毛布にくるまるなどして寒さをしのいだという。 100名以上が負傷、約30名が重傷を負った。 佐渡汽船「ジェットフォイルガイド」より引用 なるほど!「 宇宙航空技術を駆使した」とはそういうことだったんですね。
92 19