トゥール スレン 博物館。 【2018年最新】トゥール・スレンの歩き方【行き方・入場料・時間】

また、人の命を簡単に持て弄ぶ人間の残虐性、間違った思想に基づく洗脳の恐ろしさを認識しました。

拷問された人々は、時々早く死にたがったという。

その半数は、ロン・ノル軍と、クメールルージュとの戦い、そして8年もの間続いた、アメリカの爆撃からの避難者だった。

2~3年前まではまだ素朴だったというが、最近の中国・韓国企業の攻勢に簡単に篭絡され、堕ちた。

1979年のベトナム軍によるプノンペン制圧の後にその存在が明らかになります。

ここは、上記の生き残った方が実際に収容されていた場所のようです。

そして次第に気持ちが落ち着くと、犯人たちに対する、殺意に近い憎しみが湧いてきた。

98