カーズ キャラクター。 カーズに登場するキャラクター一覧と解説・実車モデルまとめ【2006年 1作目】

フロントバンパーにFredと名前が書いてあるので、みんなから名前を呼ばれて喜んでいる
実際に現エリザベス女王が王室公用車として愛用した歴史を持つ 車体は1985年式マック・スーパーライナー
映画の興行収益はそこそこだったが、社から発売されていたミニカーが全世界で爆発的に売れている マックィーンは住民たちに「自分はレーサーで、カリフォルニアのレース会場に一刻も早く着かなくてはならない」と説明するが、田舎者の住民たちは彼の言葉を信じず、取り合ってくれない
出発前にチックから、一番にカリフォルニアに着いた車がダイナコ石油との契約に有利になるという言葉を真に受けてしまったマックィーンは、専用トレーラーの マックに夜通しかけて走ってでも一番にカリフォルニアに着くよう無理にお願いする とても穏やかで優しい話し方で何よりも仕事が大事
ヘッドライトはカバー付き ゼッケンNo:95• この町で生まれ育ち、土産物の店を経営
第7話:モンスタートラック メーター "Monster Truck Mater" - メーターがモンスタートラック・となり色々な相手と勝負する話 トレブ・ディーゼル 貨物列車を引いていて、道に迷ったマックィーンと踏切でぶつかりそうになった
レースに勝つ為にGTウイングの装備などオリジナルに似せられなかった部分もあったが、ライトの形状を似たものに変更し、劇中で重要アイテムである「稲妻ステッカー」と赤をベースにしたカラーリングとし、カーナンバーも「95」を取得するなど似せられるところは徹底していた 元々はガソリンや材木、鉄などの重くてかさばる物ばかりを運ぶ仕事をしていた
『』にてウインゴ、DJと共にシェリフから「輸入車」と呼ばれている他、東京に同型と見られるカブトが登場している• 暴走族 高速道路にて居眠り運転をしていたマックをからかい、マックィーンがトレーラーから落下する原因の一つとなる 外部リンク• しかしスーパー・ルーキーとして注目を浴びて有頂天になっており、自信過剰で整備士チームを何度も交代させるほどの問題児でもあった
34
5秒フラット) 本編ではDJの音楽で眠るマックをブーストと車線変更させ合った
家は全てキングのブルーでぬられていて、電球まで真っ青にしている イタリア語しかしゃべれない
本編ではフロイドと共にマックィーンの行く手を阻むも抜かれる その後、カーズは本拠地に乗り込んできたジョセフとリサリサに対し、100体の吸血鬼をけしかけようとした
元ヒッピーのフィルモアにもペイントがされていて、その独特のセンスを活かしカーアクセサリーなどの販売も行なっているようです エンジンが空冷から水冷へ、涙目ヘッドランプが最大の特徴
だがマックィーンと出会い、無愛想な態度を取りながらもの走り方を教えた 初代モンテカルロは5. 「ピストン・カップ」の元チャンピオンで
マックィーンのしゃっくり "Hiccups"• 車体はラスティー(兄)が1963年型、ダスティー(弟)が1963年型バン ・リジー: 今は亡き街の開拓者の妻で、土産物店を営む最長老の
アメリカでは「ティン・リジー(ブリキのエリザベス)」の俗称あり ・: 陽気なロードサービスのレッカー車
本編の序盤でマックィーンに抜かれた 車体は1950年代のショー・カーで、も"SHO GRL" になっている
車高の調節が可能なハイドロリクス仕様 ブルーザー・ブコウスキ チックのチームのピットクルーの一人
ゼッケンNo:76• その死を重く受け止めたカーズは何が何でも目的を果たそうと替え玉をリサリサと戦わせ、一瞬の隙を突いて勝利する 瞬く間に空気は凍り付き、カーズは生物と鉱物の中間の物体となってしまった
24