ディスカバー ビートルズ。 和田誠

当面の間、スタジオキャロットでの観覧はできません。

そのプロモーション・ビデオでは、第一次世界大戦中のクリスマス休戦を映像化 () - 題字デザイン みんなのうた [ ] 無印は映像が現存する曲
「映画では誰にこの歌を歌わせるつもりですか? テルマ・ヒューストンあたり?」 面食らったジョージ・マーティンはこう返した 中学1年の時にマイケル・ジャクソンが歌う『カム・トゥゲザー』を聴いてビートルズの虜になったと言います
ミュージシャン・作曲家として、CMソング「ウイスキーが、お好きでしょ」など数々の楽曲を生み出してきた杉真理 『 特集=和田誠』2020年1月号、
「実のところ、まるで正反対です 簡単にできるものじゃないとわかっていたけれど、僕の目には魅力的な仕事だと感じられました」 ジョージ・マーティンがオーケストラの編曲とプロデュースを手がけた「Live And Let Die」は、大ヒットになる可能性を秘めた大作になった
と言って東京人でもないし、郷土意識が何もありません」と当人は発言している 『みんな猫である』 玄光社MOOK 2013年• 皆さん、コロナ疲れなさっていませんか? 外出することが多かった僕なのですが、今は基本的に巣篭もり生活を続けてます
- 友人と映画談義をしていたら、タイトルが思い出せずに困ったため、和田に電話をしストーリーを伝えたら、タイトルをズバリと言い当てくれた ポールは歌詞についてこう語っている
対談『和田誠インタビューまたは対談 その2』 話の特集 1987年• しかしザ・ビートルズ時代のような大ヒットは出ず、評論家からの評価も芳しくなかった 簡単にできるものじゃないとわかっていたけれど、僕の目には魅力的な仕事だと感じられました」 ジョージ・マーティンがオーケストラの編曲とプロデュースを手がけた「Live And Let Die」は、大ヒットになる可能性を秘めた大作になった
ベースとドラムが、がっちりハマってて これは、高い評価を受けた2005年のアルバム『』の中でもハイライトのひとつとなっていた
詳しくは近日あらためてお知らせします マイケルは作詞をかなり手伝ってくれました
対談『和田誠インタビューまたは対談 その3』 話の特集 1989年• 和田がレミを紹介するよう頼んだのは当時レミとラジオ番組で共演していたであったという 「人生の中では、時には自分がオリンポスの宮殿にいる神様でないこともある、みんな通りを歩き回る現実の人間なんです
97

『にっぽんほら話』 講談社 1974年• 彼は次のように説明している。

三十歳を過ぎると、そういうことに気がついてくるんです」 16位「My Brave Face」(1989年) さまざまな面で、1989年はポールのソロ・キャリアにおけるターニング・ポイントになった。

しかもあの番組のイラストは、ビートルズが来日して大騒ぎになった1966年に和田氏が描いた作品だったという。

『和田誠百貨店〈B館〉』 美術出版社 1988年• この曲はスタジオの中で試行錯誤をしているうちに生まれた曲で、形がまとまり始めてからはあっという間に完成に至った。

他、・の一連の作品やの『』、や作品を始め、数多くのを担当する(この縁もあり、阿川や三谷とは交流があった)。

こうしたデジタル技術のおかげで、日本の車中でいつでも、はるか遠いリバプールのライブハウスにいる気分になれる。

このアルバムでのボールはエンジン全開。

当時コロンビア・レーベルと契約したばかりだったポールは、このコマーシャルな「Goodnight Tonight」をアルバム『』に収録してほしいとレーベル側から求められた。

やがて彼は旧友の力を借りて、この曲を仕上げることにした。

「ディスカバー・ビートルズ」のMCを務めた杉真理さんと和田唱さんが、番組を振り返りながらビートルズのあれこれを語る90分。

『本漫画』 毎日新聞社 2009年• ぼくもひとりの時によく歌う。

・「トビー・ピータース」シリーズ(挿絵も担当)• ザ・ビートルズ時代に時々やっていたように、このレコーディングで自らドラムを叩くことにしたのである。

それから20年後、のカヴァーでこの曲は再びチャート入りした。

(フジテレビ、タイトル画)• 僕も、彼のかなりいいパートナーだと思う。

『気まずい二人』他、著の対談集、エッセイ本• 『誠の話』 と共著 角川書店 2004年• 「ビートルズは一つの発想をジョンとポールが違う形にする」と指摘した。

(平成14年) - 山名賞を受賞。