三 大陸 英雄 記。 三大陸英雄記 第01

「条件は三つある」 「……三つ、ですか」 セシリアはゆっくりと、目を細めた。

ルートヴィッヒ一世はその気になれば、自身に都合の良い教皇を立てることができる。

元より、フラーリング王、皇帝というべきかもしれませんが、彼は私の支配下から抜け出そうとしていますから。

……レムリア市の復興に手を貸して欲しいと、そういうことだな?」 レムリア市にて。

」との記載があり、『』「経籍志」に「漢末英雄記十巻王粲等撰。

つまりおよそ二十年の歳月を必要としたということになる。

5

レムリア帝国の領土なのだから、金は出せ。

「やぁ、ヒュパティア。

「はい。

この『漢末英雄記』が『英雄記』のことであると考えられている。

『 英雄記』(えいゆうき)は、の歴史書。

『』「経籍志」に「漢末英雄記八卷王粲撰、殘缺。

56
また、『』「郡国志」会稽郡の条の劉昭注に『英雄交争記』なる書物が引かれているが、これも『英雄記』と同一書である可能性がある ある種の無敵の人である
この帝国、かつては超大国として世界に君臨していたが……今では財政が破綻し、軍事力の低下によって蛮族に領土を荒らされ、挙句毎年のように貢納金を周辺国から絞られるという、国としてはオワコン状態になっていた セシリアはこう言いたいのだ
とはいえ、実際のところアレクティア大図書館の蔵書の復元と修復が成功したのはエルキュールの業績によるところが大きい 「ですが、私は表だって、ルートヴィッヒ一世と敵対はできませんよ
彼らが本の修復に寄与している間の収入を保証し続けたことで、蔵書の復元に成功したのだ 必要最低限の資金を常にアレクティア大図書館の再建に注ぎ続けていたのだ
さらに強く、セシリアを抱きとめる ……とはいえ、その日、その時はエルキュールも共にレムリア市まで同行した
」との記載がある セシリアはそう約束した
「す、全ては……陛下のご支援の、おかげです……」 「気にすることはない 「勿論、分かっているさ
梁有十卷 「漢末」という語については『』に考察があり、「按ずるに王粲は後漢の建安年間中に死亡している
45