ユヴェントス 対 クロトーネ。 【JJパジェッレ】セリエA第23節 ユベントス対クロトーネ

95
GK: ブッフォン 6. MF: ベルナルデスキ 5. DF: ベナティア 5. それ以外の判定は良い内容であった 次節以降に期待したい
ルーズボールを拾ったラムジーのシュートはコルダーツに阻まれて4点目を奪うことはできない イグアインの決定機をお膳立てしたが、クリーンシートの達成という任務に貢献することはできなかった
GK: ブッフォン 6. 5 昨シーズンまでの脆さが示された試合だった ただ、手を焼き続けたことに変わりなく、称賛に値するかは難しい出来だった
セットプレーではチーム3点目を奪取し、レジスタ的なプレーも試験運用するなど実りの大きい試合だった 対するクロトーネのストロッパ監督は 3-5-2 を選択
2007• 1963-64(ジローネF)• 0 アルトゥールとの交代で70分から出場機会を得る 【交代選手など】 MF: ベタンクール 6. 5 ストゥラーロに代わり68分からプレーする
マリーニ主審 6. 0 中盤でバランスを取り、様々なポジションに顔を出すなど期待される役割を果たしていた 5 重苦しいムードを払拭する2得点を決め、エースとして存在感を見せ付ける
その攻撃陣の重要なピースでもあるアルバロ・モラタだが、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16ポルト戦終了後に気を失ったとされる同FWは、未だに体調が優れないようだ タイミング良く攻め上がって攻撃に厚みを加えていた
リードを得てからは中央のスペースも活用してロナウドに3点目の機会を提供したことも評価される必要がある 選手名 6 11 13 32 No. シュートストップには安定感があった
間接 FK を与えたシーンでは適切な反応を見せており、求められる仕事は果たしていた 【交代選手など】 MF: ファジョーリ 6. 5 シミーに最後まで手を焼き続けた
72