井伊 家 家紋。 名字と家紋_column(井桁/井筒)

そんな直政ですが、 正室の花(唐梅院、家康の養女)には頭が上がらない恐妻家だったそうです。 じつは、与えようとしたところ、「うちは結構」と断られたのだという。 他に、一つの橘の花をモチーフにしたシンプルな橘や、二つの橘を使った抱き橘、沢山の花を使った花橘などがあります。 直政ら井伊家の当主が用いた 「橘紋」の由来は、井伊家初代・井伊共保(ともやす)の出自の逸話にまでさかのぼります。 そして、井伊共保が井戸のそばに捨てられていたということで、替紋は井戸の「井」を示す 「井桁」となったというわけです。 多くの武将が参戦する大きな合戦であれば、さぞや様々な旗がはためいたことだろう。 どこの家にも必ずある家紋。 ちなみに、最初は十字のみであったが、キリスト教に対する禁教令が出たことで、十字架との区別をするためにあとから丸を付け足したともいわれている。 龍潭寺が井伊家発祥の地と言われるようになった理由です。 井伊直虎以外に「橘紋」を使っていた歴史上の人物はいるの? 「見聞諸家紋」には、井伊直虎よりも前の時代(室町時代)に摂津の薬師寺氏(丸に三つ立ち橘)と播磨の小寺氏(藤巴に三つ橘)が掲載されています。
9 37
江戸時代は武門のなかでも名門とされていた井伊家ですが、どうやらその始祖である井伊共保の出自ははっきりとはしていないようです 井伊氏が使用していたものは井伊橘、薬師寺氏のものは薬師寺橘と呼ばれています
そして7歳の頃にはその噂を聞きつけた遠江の国司である藤原共資の養子となり藤原共保を名乗り、後に生まれた場所である井伊谷に城を築き井伊共保となります さて、その直虎が活躍した時代ですが、織田信長や武田信玄、上杉謙信といった有力大名と同じ世代になります
では、井伊家の由来はどこまで遡ることができるのでしょうか 日蓮宗と井伊家は関係が深いことから井桁に橘の家紋を使っています
井戸は水をたたえた大切な場所であり、汚してはいけないところであった 井伊家の家系が現代まで続いているのは、 桃の節句に飾られる橘の花の生命力に相応しいと言えるかもしれません
例えば、「このマークを家紋にする」と決めてから、使い出したわけではない その多様な文様は、下記の7種類のカテゴリーに分けられています
その後橘氏の氏族や末裔も橘の家紋を使っています 彦根藩家臣のご先祖調べ 上野国高崎藩主 井伊直政は「関ヶ原の合戦」の戦功により加増され、 石田三成の領地 近江国佐和山に立藩します
その男の子の産衣の紋を橘にしたのが井伊家の橘紋の始まりと伝わっています 藩主は牧野家と名門の譜代家と言われた井伊家の2家でした
井伊家と今川家 さて、その井伊家と今川家について触れていきたいと思います 武将を表し、家を表し、一族を表す
信念であろうが、祖先の原点であろうが これに対して、平安時代末期を起源とする説もある
これは、万人と天下の平和を掲げ「一人が万人のために、万民が一人のために尽くせば天下大吉となる」との意味があるそうだ そして井伊家の家紋の由来について簡単にご紹介をしてきました
7