ガジュマル 水 やり。 ガジュマルの育て方

根も生長するにつれて、だんだんと水を吸収する力をつけていきます 剪定時、枝は斜めに切るように• しかし、実際は、天候のほか、ガジュマルの生育状態や季節でも、水やりの仕方は変わってきます
こんな方法も… ・根がしっかり付くまでは、 日陰で管理する そうすれば真夏の直射日光にも耐えらえる強い葉が生えてきます
2週間後 なにか変化がないかと毎日観察していましたが、 丸坊主から約2週間後、ついにうっすらと緑色の 新芽がでてきました! よかったぁ、さすがに丸坊主は初めてだったので、新芽が出ずに枯れてしまったらどうしようと実は心配だったんです ・手順: 1.株をプラポットから抜きます
ただし、いきなり強い日光を当てることは NGです! いきなり日光に当てると、 葉焼けを起こす可能性があります 葉を1~2枚残す程度に剪定してしまいましょう
細く間延びした枝ばかりになってしまった時にします 窓際ですとたまに風を通して空気を入れ替えてあげられます
75

栄養の通り道がガジュマル内にできているんでしょうね、きっと。

日によく当てて育てます 斑入り種は夏に日除け• いままで2本の脚のような部分からしか栄養をとれなかったのが、全体から栄養をとることができるようになれば、そりゃあ成長効率アップしますよねぇ。

それは、 「絞め殺しの木」 ちょっとどころじゃないですね・・・ 何故 「絞め殺しの木」と呼ばれるかと言うと、 鳥などの動物によって種が他の植物の樹上に運ばれます、 そしてそれが発芽し、ガジュマルの特徴である気根を垂らし始めます。

冬場はガジュマルが根から水を吸う力が弱まってしまいます。

根っこは鉢内部にそってグルっと伸びていますね。

寒くなりかけた秋頃には室内の日当たりがいい場所に置きましょう。

水やりしても土に水が浸み込んでいかない• 無知だった私は、 鉢の受け皿の代わりにバケツに水をいれ、そのなかにガジュマルの鉢ごといれてしました。