アンネ ナプキン 広告。 生理用ナプキンを生んだ“ニッポンのノブレス・オブリージュ” (2017年10月29日)

その後、何度かお会いして坂井さんについてお話をうかがうことができた。 本塁打は惜しくも2位(3本差)で、三冠王まであと一歩という乗りに乗っていた時期でした。 「アンネ」という呼び方を経て、いま私たちは月経のことをためらい「生理」と呼べるようになったのだ。 祭日前退下宿慮。 現在も販売されている商品名で1964年当時の発売元は藤沢薬品でしたが、その後合併、売却を経て現在は第一三共ヘルスケアが販売しています(製薬会社の合併史は、銀行並みにややこしいですね)。 40年間の意味するところは、40年前の1921(大正10)年、 アメリカでコーテックスという使い捨てナプキンが発売されたことによります。
97

江戸時代からナプキン派、タンポン派にわかれていた!? パンツを着用しなかった時代。

余談だが、若き女社長は最初「お嬢さん社長」としての印象の方が強く、企業のクリーンイメージに一役買った。

ペーパーにまかれたこの異様な荷物を持って歩くわけにもいかない。

昭和36年(1961年)11月11日にデビューしたアンネナプキンの記念日にあたる 今日、入手以来ずっと仕舞っておいた宝箱からアンネナプキンを取り出し検めることに。

発売時の値段はアンネナプキンが12個入りで100円、パンネットが150円、 アンネの広告を掲載していた女性雑誌が一冊190円の頃のことです。

そんな時「日本は特許の出願数は世界一だが、事業化されることは少ない。

ましてや今以上にジェンダーに関する固定観念が強かった時代の話だ。

しかし、渡には承服しがたかった。

これは先の防水紙とこの内側にあるクラッシュパルプを「シッカリとめる」役割で 型崩れを防ぎ防水力も強めるのだそう。

34