生理 下痢 ひどい。 【医師が解説】生理と下痢の深い関係

低用量ピルを希望する人は、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

73

他にもCMでおなじみの下痢止めは、ピンチのときのために持っておくと役立つかもしれません。

たとえば、生姜などカラダを内側から温めてくれる食材を料理に取り入れたり、湯船に浸かってカラダを温めながらリラックスしたりすることが大切です。

2008年東北大学医学部卒。

取材協力: ライオン ヘルスケアマイスター・山岸理恵子さん. つらい下痢や便秘を解消するために、生理のサイクルにあわせた食事や生活習慣を意識してみてはいかがだろうか。

低用量ピルを希望する人は、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

「そういう体質だから」とあきらめてしまっている人も多い、女性特有のお腹のトラブル。

たとえば、満員電車や人との会話などをストレスに感じて急にトイレに行きたくなる「過敏性腸症候群」は慢性的な疾患の1つ。

特に、月経困難症は子宮内膜症などの女性器疾患の可能性もあるため、婦人科で適切な治療を受けることが大切です。