ドクター キューブ。 ドクターキューブ(旧: 情報通信コンサルティング)の評判/社風/社員の口コミ(全24件)【転職会議】

今回は、「密対策」の有効な対策として注目されている「診療予約システム」についてサービスの比較をしていきます。 ルールに従って接種を受けないと公費が出ないこともあるため、小児科では予防接種のスケジュール管理のために大変な手間をかけている。 」とお伝えください。 その他、付加価値として、サービス利用料の一部を、環境保全の研究にあてることで、ユーザーの医院・クリニックへは、ESG(SDGs)への取組を行っていることを証明する専用のポスターが提供される。 代表的なものとして、予防接種予約システムがあります。 日本国内においても、感染対策に対する意識が高まり、来院される患者さん側からすると、対策がどの程度行われているかが、医院・クリニックを選ぶ基準となっているのが現状です。 スマートフォンなどの端末で手軽にクリニックの診療予約ができることが支持いただいている秘訣です。

操作方法のリーフレット作成といったサービスもあります。

ドクターキューブは、PC・スマートフォン・携帯電話のインターネットや、電話のプッシュボタンで診療予約ができるシステムです。

ドクターキューブでは、院内表示システムにも対応していますが、フルカスタマイズできるという大きな特徴があります。

WEBで問診するための質問事項も自由に設定することもできるので、ドクターキューブ時代の問診を参考にしながら、シンプルな内容に設定。

また、基本的な機材やシステムの準備が整っていないと利用できないので、余計に費用がかかってくる。

そこからさらに、海外へと販路を拡げ、グローバルスタンダードをめざします。

スマートフォンなどで予約の確認やキャンセルなどについてスマートフォンなどでの予約の確認やキャンセルなどをご希望の方は、一番右上にある予約メニューを押してご希望のメニューをご選択下さい。

サービスはアップデートされる可能性がありますので、わかり次第、随時更新します。

患者さんにとっても、事前のweb問診で症状を伝えておくと当日安心して診察を受けることができます。

80

実際に使い勝手がよく、正直、「こんなにいいシステムをこんな安い値段で売っていいのか」と思うほど(笑)。

医療関係者の方にとっては「アイドルタイム」も「時間外勤務」もともに少なくなる。

独創性を重んじるだけに社風はいたって自由です。

皆さん、こんにちは。

数値的な目標としては、『ドクターキューブ』だけで10%、つまり約1万件のクリニックに早く普及させたいと思っています。

『ドクターキューブ』は、エンジニアが手間と時間をかけて開発し、進化させてきたもの。

14