半蔵門 線 直通。 東京メトロ半蔵門線18000系、新型車両は直線的デザイン

快速と区間快速を廃止。 複線区間:全線• 互いに系統が分離されていると、この条件を満たせない。 伊勢崎市の中心市街地が西側に広がり、伊勢崎市役所の最寄り駅である。 この列車は東武鉄道の車両での運行であった。 近年の輸送実績を下表に記す。
62

(大正8年) 越ヶ谷駅を武州大沢駅に改称。

東武伊勢崎線も、半蔵門線乗り入れ以前、業平橋駅の貨物ヤード 今のスカイツリー にラッシュ時のみ使用する駅を設置し、10両編成が業平橋駅まで走っていました。

高度経済成長期だったこの時代に、多摩丘陵地域から渋谷駅を経由して永田町、神保町、大手町へアクセスする鉄道路線を新設することが求められた。

7月23日 東武和泉駅 - 韮川駅間高架化。

別々の路線として建設する案がまったくなく、1つの路線が2つの鉄道会社で管轄が分かれたと考えるのが自然だろう。

(平成21年)6月6日 ダイヤ改正を以下の内容で実施。

東京メトロにとっては、両者の仕様をそろえることでことでスケールメリットによるコストダウン効果が狙える。

日立製作所が車両製造を担当する。

:東武線との相互直通運転が再開される。

65

2019年3月27日時点のよりアーカイブ。

堀切駅、千住駅(後の中千住駅)、小菅駅、五反野駅、梅島駅開業。

18000系では、車両の走行状態を遠隔から監視できる「車両情報監視・分析システム TIMAシステム 」も導入しており、「万が一故障が起きても、車両基地や指令所から電車の状態をつねに確認できるため、輸送障害の時間を極限まで縮小することが可能です。

東武鉄道の一般列車は20m車体が標準であるが、日比谷線直通列車は18m車体であったために扉位置が合わず、ホームドアの整備にも支障をきたしていた。

:永田町駅 - 神保町駅間で携帯電話の利用が可能となる。

42