終焉 の ワルキューレ。 終末のワルキューレ 13話 全盛期 の感想

24

死してなお闘い続けたアダムだったが、ラグナロク第二回戦はゼウスが勝利する 座り込んでしまったゼウスはふぅぅと大きく息を吐くと、闘いの終わりを告げる。

荒れ狂う嵐のような神とそれににあらがう不屈の戦士達。

とある部屋では、沖田総司房良が狂気を放って自分の番が来る事を楽しみにしていた…。

近づいてみると、そこには垂れ幕はためく盾の壁があった。

享年については諸説あり、24~27歳とされています。

これは、のvalkyrjaのと考えられるが、古英語では基本的に外来の概念を翻訳するような場合に用いられている。

65

呪文では、「癒やしのルーン」と「助力のルーン」を、に対しては1回、に対しては2回、に対しては3回刻む、と書かれており、その後にヴァルキュリャの語が登場する。

しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

確かにこの場でお胸の為に!とかほざいたら人類滅亡に先駆けて始末されそうな雰囲気。

『終末のワルキューレ』は神と人間がぶつかり合う熱い男同士の戦い!この記事では最新話まで全ネタバレをまとめています。

生前は一度も勝利したことはなかったが、後に戦った相手を頭の中で構築化し何度も戦い、その相手を超え続けたことで「 史上最強の敗者(ルーザー)」と呼ばれた。

決して多くはない台詞の中で、そんな素敵なニュアンスを乗せられたらなぁと思ってます。

66