新聞 の コラム。 コラムとは

コンテンツエリア ここからこのページの本文です• 生徒が書いたものから、すぐれたものを幾つかセレクトし、ファックスで送信するのです。

「思ったり、感じたりしたことを読者と共有していきたい。

著書に「総理の器量」「総理の覚悟」(共に中公新書ラクレ)、「範は歴史にあり」「『二回半』読む」(共に藤原書店)、「新聞の力」(労働調査会)。

さらに句読点の打ち方、 文の終わらせ方。

近年、学校に対する信頼度が以前より低くなっていることは間違いがありません。

『朝日新聞』の「天声人語」、『毎日新聞』の「余録」(1902年から掲載され、日本最古。

46

1949年(昭和24年)に創設され、「雑誌の編集後記のように」とのアイデアで名付けられました。

全国紙の占める割合もどんどん下がっているようです。

通信手段がここまで高度に広がったことで、既存の学校に対する目もより厳しいものになっているのは間違いがないのです。

たとえば、経済、株、金融の流れを学校で教えてもらっているかと聞かれたら、誰もが首をひねらざるを得ません。

7代目の担当者は清水純一論説委員で、2017年10月3日付朝刊から執筆しています。

読者に『なるほど』『へえ』と思ってもらえたらいいですね」 一方、上田論説委員は、読み応えのある文章をめざしていきたいといいます。

89