栗 花 落 苗字。 ほっこり…『鬼滅の刃』キャラの“苗字決めエピソード”を知ってた?【エンタメトリビア】 (2020年9月23日)

羽衣石(ういし) 「八月一日(ほずみ・はっさく)」の苗字は全国に80人ほどいて 古代から伝わる名族の苗字と言われています。

日和(ひより)• 清華(せいけ・きよはな)• 三鼓(みつづみ)• 「栗花落」…この名字、読めますか? 姓氏研究家・森岡浩氏が日本人の難読名字を紹介します。

地名として全国に多く存在しているかっこいい苗字です。

雲母(きらら)• 奉日本 たかもと• 和歌(わか)• 空(そら)• 香茸(こうたけ)• 琴森(こともり)• 久留主(くるす)• 彼は露姫という摂津国第一の美女を娶ったが、露姫は一年も経たぬうちに亡くなった。

雪入(ゆきいり)• 元宮(もとみや)• 風晴(かぜはれ)• 現在も神戸市や、瀬戸内海の小豆島などにある。

95

では最後に、こちらの名字を。

藤原(ふじわら)• 御法川 (みのりかわ)• 栗明(くりあけ)• その中でも珍しいのは、この「栗花落」さん。

華月(かづき)• そして、花が咲くのは5月下旬から6月にかけてである。

桐葉(きりは)• 夏樹(なつき)• 千草(ちぐさ)• 月城(つきしろ)• 個人の名前でも使われていそうな「風斗(ふうと)」の苗字は全国で20人ほどいて宮城・福岡・長崎に多く見られるかっこいい苗字です。

愛洲(あいす)• この花が落ちるのは6月の中旬から下旬にかけてで、ちょうどこの頃に梅雨の季節に入るため、「栗花落」は本来「つゆいり」と読んだとみられる。

道明寺(どうみょうじ)• 一色(いっしき・いっしょく)• 宝生(ほうしょう)• 小鳥遊(たかなし)• 天花寺 てんげんじ)• ちなみに「流川(るかわ)」の苗字は全国に150人ほどいて、愛知県西春日井郡がルーツで流れの早い川などが由来になっています。

乙女(おとめ)• 城ヶ崎(じょうがさき)• 八色(やくさ)• 「つゆいり」という読み方はやがて短くなり、現在では「つゆり」と読む。

月見(つきみ)• 瑠璃川(るりかわ)• 八尋(やひろ)• 三澄(みすみ・みつすみ)• 香水(かすい)• 月野木(つきのき)• 音羽(おとは)• 「祇園寺(ぎおんじ)」は全国に10人ほどいて寺号にルーツがあると言われているかっこいい苗字で、「朱雀(しゅじゃく・すざく)」は全国に320人ほどいて京都の南部にあった朱雀村が語源と言われ現在では京都以外に福岡でも多く見られているかっこいい苗字です。

蓬莱(ほうらい)• そして、花が咲くのは5月下旬から6月にかけてである。

30

「陸(くが、おか)」の苗字は全国に630人ほどいて、特に新潟の北蒲原郡京ヶ瀬村に多数見られます。

鞍馬(くらま)• やがて、白滝姫がこの地にやってきた時、村は干ばつのため水に困っていた。

海崎(かいざき)• 流川(るかわ)• 綴(つづり)• かっこいい苗字〈神や仏のイメージ〉25選 次は仏像や神様の存在を想像してついつい拝みたくなるようなかっこいい苗字の一覧になります。

かっこいい苗字〈三文字以上〉45選 次は三文字以上でかっこいい苗字の一覧です。

玉泉 ぎょくせん• 近年は山形県に多く見られるかっこいい苗字です。

青森県の三内丸山遺跡からは、すでに栽培されていたと思われる栗の化石が出土している。

日月 たちもり)• 香庄(かしょう)• 青空(あおぞら)• かっこいい苗字〈音楽に関連がアリそうなイメージ〉30選 次はまるで音色が聞こえてきそうな爽やかでかっこいい苗字一覧です。

41