J アラート と は。 全国瞬時警報システム(Jアラート)全国一斉情報伝達試験の実施について:静岡市

() - 冷戦時の英国の同様のシステム 外部リンク [ ]• 今後の課題 [ ] 今後の全国的な運用に向けては、次のような課題がある。 83
また兵庫県市川町では実験で伝達される情報を用いてのが行われ、千葉県富浦町でも実験に合わせて住民のが行われた 、総務省消防庁、報道資料• 市内設置している防災行政無線のスピーカーから緊急一斉放送として全局で放送します
8月29日 - により発動 また漁船など情報が届きにくい場所にいる国民に、どのように危険情報を伝えるかが課題となっている
」(3回繰り返し)• - (2012年4月14日アーカイブ分)• 2月28日 - で発生した津波について、J-ALERTによる津波警報・津波注意報を速報したが、一部の地域で誤報が発生した• どの情報について防災行政無線を自動起動させるかを市町村で決定できることとなっているが、、、 、、、有事関連情報については自動起動が原則とされている(全国瞬時警報システム業務規程 第9条 ) 、総務省消防庁、報道資料• ジャパンJapanの頭文字Jと英語で警報を意味するアラートalertを結び付けた造語で、正式名称は全国瞬時警報システム
[ ]• 当初はJ-ALERTを受信できる機関は地方公共団体に限られていたが、2009年1月6日以降は、指定行政機関、指定地方行政機関、指定公共機関等にも拡大され、各省庁や、、・等でも受信可能である DISASTER MANAGEMENT, TERRA DAILY, Source: (英語)• 、朝日新聞、2010年3月10日• (滋賀県) [ ]• (1)令和3年5月19日(水曜日)午前11時ごろ(今回実施) (2)令和3年10月6日(水曜日)午前11時ごろ (3)令和4年2月16日(水曜日)午前11時ごろ 放送内容 1.上りチャイム音 2.これはJアラートのテストです
北日本・東日本の12道県に提供したが、少なくとも7道県16市町村で、情報伝達にトラブルがあった事を総務省消防庁が明らかにしている 2017年• このような状況下において、身を守る武器を持たない者がむやみに屋外を出歩くことは危険であり、さしあたっては、当該地域にいる人々に対して警報と同時にの勧告も伝達される
89