しめすへんの渦。 「禍」(しめすへん(ネ)に「過」の右側)の読み方と意味 「新型コロナ禍」などで使用

68

スポンサーリンク. さて、由来に関しては「祇、祠、禅」など「神様」に関わる言葉を漢字で表すようになったのが始まりだと言われています。

新型コロナウイルスに由来する凶事に「禍」の字があてられるのは、 「これ以上感染を広げない」という重要ポイントが、個々人の行動にかかっている…という点にあるでしょう。

「渦中/戦渦」(「デジタル大辞泉より」 渦(うず)のことですが、その渦の中という意味では「渦中(かちゅう)」になります。

過は表外読みで、「とが」「よぎる」と読みます。

まとめると、• 「糾える」は「あざなえる」と読みます。

77