草津 温泉 漆黒 の 闇。 飯塚玲児

第1巻のほぼ冒頭に登場するN氏とS氏。
N氏とS氏は具体的に「何を」湯長に対して行ったのか?• やはり新井祥子さんは自分では本当と思いこんでるのかもしれませんが 妄想ではないでしょうか 鈴木元議員への懲罰(除名)動議が賛成10、反対1で可決し、鈴木元議員は失職 まとめ 第6巻は出版されるのか? 第5巻まで刊行されており、次巻の発行も示唆されています
ありえない嘘をたくさんつくというのは病気なのだろうか 新井祥子さんがセクハラを受けたかどうかよりも、時間湯の方が大事だと思っているようであり、この部分に関しては新井祥子さんも自分のブログで抗議をしています
それに対し、黒岩町長は「湯長制度」を撤廃するのは、• 刑法230条1項 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する これは行政行為であり、議論するものではない、としています
それに対し、黒岩町長は「湯長制度」を撤廃するのは、• (週刊メルマガ・有料)• 新井氏も賛同者として名を連ねたが、賛成2、反対9で否決された わりと長い間、湯長の問題については廃止派継続派でバトルがあったようです
判断はご自身でどうぞ という経緯は全く触れられていません
初出馬後に離婚 初出馬時には園田祥子の名で選挙活動していた新井祥子 町長派へ接近し色仕掛け、肉体関係を持つことで色々と探る• 黒岩町長に接近した結果が、鈴木元議員が発行していた広報誌「しょこたん通信」や議会での発言に影響していたか?• すなわち 本人談です
テレビの発言見てると嘘ついてるようにしか思えない 接近するうちに町長へ惚れてしまう 具体的時期不明• 町長派の旅館2箇所、別のオーナー? そして、以下の異例の展開が、テレビなどの全国メディアで報道されるにいたります
2日開かれた町議会本会議で、新井氏ら2人が電子書籍の内容を引用しながら「町長として欠格がある」として町長の不信任決議案を提出したが、賛成2で否決 落選 2015年• 今回の件で飯塚氏が裁判所からお灸を据えられるようなことがあれば、それはそれで社会的には有益なことであるのかもしれない
これに対して、告発された側の町長・黒岩氏は懲罰動議可決前の議場で『事実なら強制わいせつ罪で訴えなさい』と強気の反論を展開しています 組織ぐるみで口裏合わせをしていると言い張ればそれも矛盾なく説明はつきますが・・・します? ソファーと机の間に押し込まれてレイプされたという話も少しばかり不思議で、こんな狭いところにどうやって押し込むのかという町長の反論
95
人物 [ ] 愛知県生まれ 医学的に解明されていないと言うのが実情のようだ
まとめお疲れ様です 1つ目
長野原警察の刑事から「新井議員から脅迫されたというの被害の相談がでている」と言われて動揺して黒岩町長に相談に行った• 町長は体を反対側へ斜めにして引き気味で、自らの手を組むことで「手を繋がれたりしないぞ」という雰囲気を感じさせる守りの姿勢ですね 新井氏は11月に出された電子書籍「草津温泉漆黒の闇」や記者会見で、15年1月8日午前10~11時に町長室で2人きりで面会した際、性的な行為をされたと実名で告発していた
人物 [ ] 愛知県生まれ 温泉同好会で知り合った年上の男性と30代後半で結婚したが、政治家になる前に離婚して以来、独身だ
温泉失格〜『旅行読売』元編集長が明かす源泉かけ流しとこの国の温泉文化の真偽 (徳間ポケット) 2013年• 草津温泉の観光業としてはこのような時間湯のやり方が好まれるのですが、 一部の湯長制のファンや高温の時間湯が効くと思う方には不評で町長の強引なやり方に反対派が少なからずいるようです あとツイッターフェミニストさん、「女性だから」だけでこれ擁護してたらほぼほぼ間違いないといえるレベルで町長へ全力謝罪することになりますよ
<新井祥子の経歴> 2009年:温泉が通いをしていた草津町に引っ越す 2010年:草津町議会議論補欠選挙に出馬するも落選 2011年:草津町議会選挙に初当選(得票数184) 2015年:草津町議会選挙に落選(得票数142) 2019年:草津町議会選挙に当選(得票数110) 現在:しょこたん通信で政治活動を報告中 元もとは草津町出身でなかった新井祥子は、湯治として訪れていた 草津温泉がアトピーに効くとのことで草津に引っ越しました へ色仕掛けをさせ肉体関係をもたせるなどし(ここは本人が述べてる事実)、廃止派内へ入らせようとしたが 頭が緩すぎて使い物にならず
新井氏は11月に出された電子書籍「草津温泉漆黒の闇」や記者会見で、15年1月8日午前10~11時に町長室で2人きりで面会した際、性的な行為をされたと実名で告発していた しかし、反町長派と誤解を受け、冷たい態度で接され、今回の告白をするに思い至った• 温泉失格〜 徳間書店(徳間文庫カレッジ) 2015年• 草津温泉 漆黒の闇というタイトルでアマゾンで現在1巻~4巻までアマゾンキンドル版で出版されています
これに対し黒岩信忠町長(72)は「虚偽の内容を掲載された」として、新井氏と、記事を執筆した著者(53)を名誉毀損(きそん)容疑で長野原署に告訴した 町長の主張や町議会議員の主張も、飯塚氏が議会を傍聴し、各発言を文字起こししたものです
他の浴場と同程度の42度の湯温にし、湯治客自身が自己管理してもらう、ということであり「時間湯」文化を無くそうとするものではない と、いうことであり湯長との契約期間が満了する2020年3月末で、契約を終了する(更新しない) 告訴は真実をつぶすため」などと訴えていた
これは本当なのでしょうか? 本当だとすると新井祥子さんはそんなにモテるのか、草津町がイカれているのかと思います 林氏は「虚言についての医学的研究は驚くほど少ない

4つ目 今回ネットで話題になったことによる、外野から双方への名誉毀損です。

リコール住民投票に基づき新井祥子を議会より除名 これに関して リコールを不当に行使し、性的被害を告発した女性を黙らせたと解釈し、憤怒するのがツイッターリベラルやフェミニストという状態です。

再開発計画に邪魔となる浴場付随の「湯長室」などを撤去 しようとしている。

町議会は「破廉恥で、議会の品位を傷つけた」として、除名を求める懲罰動議を可決しました。

しかしなかなかうまくいかないので、過去に行った色仕掛けを利用して「レイプされたことにしよう」で最終バトルを挑む。

また、公式な「議事録」ではないので、議論の中で飯塚氏が「暴露」したい部分だけを抜き出しているのでは?という疑問が払拭できないのです。

63