藤澤 樟脳。 大阪企業家ミュージアム ブログ:愛され続ける商品

根、茎、枝、葉均可提取樟油和樟脳、葉含油率2-3. マダガスカルの人々は伝統的に樹皮と幹を強壮剤や抗菌剤として利用している。

販売終了後、しばらく代替製品は無かったが、後に「ガスター10 S錠」が代替製品として取り扱うようになる。

発売当初からテバ製薬(現・武田テバファーマ)に製造を委託していたが、総合かぜ薬の「ペラックコールド3」同様、2016年7月に自社製造へ切り替えた。 総合かぜ薬• (製造販売元:)• (製造販売元:テイカ製薬)• 藤澤樟脳の現在のパッケージ 現在の製品は製造元が 日本精化株式会社(社名変更)、販売元が 第一三共ヘルスケア株式会社(会社統合で藤沢薬品の名は会社名からは消失)で、左記の商標は両社の共有となっている。 アレルギールフォーム - フォームタイプの鎮痒消炎薬。 Li 喬木、高達20米。 「ペラック総合かぜ薬 細粒」へ継承のため製造終了。 無印良品くらしの良品研究所、2014年05月07日• 11 沉水樟(広東新豊) 水樟(広東)、 冇樟 、 牛樟(台湾) 和名:ギュウショウ、アツバクスノキ、オオバクスノキ Cinnmomum micranthum Hayata Hayata 喬木、高達30米。
48

(製造販売元:)• (製造販売元:ホシエヌ製薬 現・田村薬品工業 ) 解熱鎮痛薬関連 [ ] 「サリドン」はスイス生まれの解熱鎮痛薬で発売当初はが製造していた。

新フジサワ胃腸薬グリーン - 藤沢薬品工業時代に販売終了。

第一製薬時代に製造終了。

(販売元:)• その後、2017年7月に「カコナールカゼブロックUP錠」に替わる販売店限定品として復活し、パッケージデザインを変更して再発売された。

「パテックス フェルビナスターV」へ継承のため、2011年で製造終了。

ビタミンB1主薬製剤• (製造販売元:東亜薬品) 旧三共製品• 山クスノキという種類は樟脳含有量が赤クスノキよりも多い。

4
化粧水• ビタサプリホワイトEX【第3類医薬品】 - 「エバユースホワイトEX」のサンドラッググループ向け仕様品 サノーラ注入軟膏 - 1回1本使いきりで、注入・塗布どちらでも可能な注入軟膏タイプの痔疾用薬
パンラクミン顆粒 - ヨーグルト風味の整腸薬 ピロエースプラス - 日本ドラッグチェーン会(NID)向けに発売されていた水虫薬
三共シップ 温感ほんわか - 温感シップ剤• (製造販売元:東亜薬品) 特納用製品 [ ]• 2020年8月にリスク区分が変更された 製品の外観 独特の照りがある
薄型タイプで、48枚入りの大容量が設定されている ミノン アミノモイスト モイストチャージローション - 2009年9月発売
(製造販売元:滋賀県製薬)• ペラック鼻炎スプレークール - 点鼻薬 (台湾産) 27 斯里蘭卡肉桂 和名:セイロンニッケイ、シナモン Cinnampmum zeylanicum Blume 喬木
プレコール漢方内服液 - 1996年6月発売 アレルギー用薬• これにより、当社で血清高コレステロール改善薬を取り扱わなくなった
クスノキの中に含まれている樟脳は d体である 新センロック散剤【第2類医薬品】 - 散剤タイプの制酸系胃腸薬
29