岸田 奈美。 「私は悲劇のヒロイン症候群?」 作家・岸田奈美さんに教わる、悲劇を喜劇に変える“ボケ&ツッこみ力”|なな香|note

……大丈夫ちゃうやんけ!!!! コンビニへ到着するなり、母が「すみません、すみません」と頭を下げた。

この気持ちって絶対あるし、本当にその通りだと思っていて。 自分で選ぶことで、生きる糧になることもあるので。 その間、心がつらくて、自分が何をすればいいかわからなくなってしまって……。 日本が島国であることを忘れ、車に飛び乗り、ミャンマーまで運転して行きたくなった。 母と私で気が済むまで、とことん底の底まで沈んだから、あとは上がっていくしかないなって。
66

本当は、その日の作業を終えて夕方に帰ってくるはずでした。

そのための一歩として、今はただただ書いていきたいですね。

人物 [ ] 100文字で済むことを2000文字で伝える作風。

わたしについて 1991年、神戸市北区生まれ。

自分の中で折り合いのつく言葉が見つかれば説明しやすくなるんですが。

岸田 ノスタルジックなところはありますよね。

どんな人にだって、人知れず悲しいことや苦しいことを抱えています。

23