アイマスss ヤンデレ。 病みつき物語

が、これが長門流だ 50 :WkjtsP3l0 脅迫、ダメ
」のキュート第2弾で、当時ボイスが実装されていたまゆと智絵里が共演 耳垢が剥がれる瞬間の、ピリッと走る刺激
「物質を再構成した」 …凄いじゃないか、その力で錬金でもしたら大儲けできるぞ 82 ID:ZvkBlsLFP 一時間後 あずさ「うぅ……すいません」 P「いやまあ、はい」 あずさ「最初はぁ、プロデューサーさんのママになって甘やかしちゃおうって思ったんですけど~」 P(そっちじゃなくて良かった、たぶん
いやー長門、全く驚いたぜ 結びに 『』は個性豊かなアイドルを集めて、トップアイドルに育てるである
…ペリリッ チクリと刺すような刺激を伴って、耳垢が剥がれ落ちた 」ニコッ 未央「やめよう、しぶりん、付き合いの長さとかもう負けてるし、完全に大敗だよ」 P「お前ら元気だなぁ、とりあえず、明日もレッスンあるから早く帰れ帰れー」 凛「待ってプロデューサー納得いかな 未央「さあさあ、あとは若い二人に任せまして私らは帰りますよしぶりん、しまむーも手伝って!」卯月「はい!」 まゆ「お幸せにー」ノシ P「おまえら、出てきていいぞ」 みく「Pちゃんいつの間に入籍してたのかにゃ?」 李衣菜「みんなに思い立ったら即行動ってロックだよね!」 P「お前らいい加減に美城常務に慣れろよな」 みく「そんなことより驚くべきことがあったはずにゃ」 李衣菜「. 46 :WkjtsP3l0 P「すみません……俺のせいでこんなことになって……」 ちひろ「いや、そうじゃなくて気づいて無いんですか?」 P「何がですか?」 ちひろ「いや、犯人って……」 まゆ「Pさん?早く来てください」 P「ああ、今行くよ
いや、でも、ちょっと掻くだけだし あれ?でもさぁ、前に言ってたことと違くない?確かちひろさんとは仕事で初めて会ったって」 P「ああ、気がついたか、多分まゆも気がついているだろうな、ぶっちゃけると、そのときはお互いに誰だか忘れてた」 李衣菜「え?」 P「俺はクラスメイトの名前とか全然覚えてなかったし、二人で話した時も名前とか気にしてなかったから聞いてなかったし」 ちひろ「私は名前は覚えていたんだけど、Pさん苗字が変わっていたので、気が付きませんでした」 みく「ああ、何故かした結婚の話!!」 P「そうそう、うちの親か離婚して再婚したのがその頃で暇つぶしに結婚ってどんなもんだろうかって話になったのだよ」 李衣菜「でも何で、このこと話さなかったの?」 P「まあ、凛とまゆには1度失恋してもらわないといけないと思ってな、たまたまそうだったっていうなし崩しな結婚ではなく、自分よりも長く付き合ってた恋敵がいてっていう、本当にどうしようもない失恋をしてもらわないと多分今後アイドルとして辞めともらうことになるだろうからな」 李衣菜「まゆさんは気がついてるんだから意味ないんじゃないの」 P「まゆはもう受け入れてるだろう. ハルヒの一挙手一投足を追っていた有希は、彼女が席ったのを見届けた後、再び視線を手元の本へと向けた
57
そこから、勝手にを作って家に入ってきそうな「 押しかけ女房型ヤンデレ」と見なされた そんなどうでもいい雑念に駆られ、ふらふらと宙を舞っていた俺の意識は、トンと肩を叩いた長門によって現実に引き戻された
「大丈夫 正直後任が来るとは思えないわ」 卯月「それは困ります!」 未央「シッ、しまむー、ボリューム抑えて」 まゆ「何よりも不思議なのは結婚しているにも関わらず誰一人寿退社してる人が出てないことですわぁ」 凛「そうだね、Pはほぼ仕事終わりは毎週ゆっきーさんの飲みに早苗さんや菜々さんと付き合ったり、私らの相手してるからアイドルの誰かしらだと思ったんだけど、もしかしてちひろさん?、いや、無いわね、事務所にいる時は大体他のアイドルがいたりするし、飲み会なんかは大人の誰かが誘わない限り来ないって前に菜々さんが言ってたもの、この前はありすちゃんと莉嘉ちゃん連れて遊園地行ってたわね」 4人. 楽曲テーマが「結婚」つまり「愛」
俺にとって、耳かきなんぞまったくもって平凡な日常の一コマにしか過ぎんのだが 65 ID:ZvkBlsLFP 雪歩「だぜ……だぜ……」 P「まあその、うん、気持ちは伝わったよ」 雪歩「その、私がダメでグズだからプロデューサーが辞めちゃったと思って、思ってぇぇぇ……」グスン P「うんうん、頑張った
カリカリカリ……カリッ ……! ふと、その場所にサジが触れた時、軽い電撃のようなショックが脳髄から背骨を貫いた いくら遅くなったとはいえ、ハァハァ息を切らせたまま部室に入るような真似をしたとすれば、だ
学校間に合わないよ?」 「えぇ……ん……未来、もう少しで……私」 「はいはい 耳の穴がスースーと、妙に風通しが良い
は、はぁ」 未央「ストップまゆさん、戻ってきて、Pさんいるから、見てるから 24 ID:ZvkBlsLFP 翌朝 美希「あの、はい
本当なら、こういう時は耳かきか綿棒を使って耳を掻く処なんだろうが、無論ここにそんな気の利いたものは無い とは言っても俺は実は戦姫絶唱シンフォギアを見た事がないのだ
62
お弁当まで作ってもらってさ」 男「世話焼きなんだよ 公式での交流 決してではない 第2回総選挙では、属性別ランキングのCu版で•
見てくれた人ありがとう ツーーーーーッ… カサッ…カリカリ… …ツーーーッ 耳かきの匙が軽く耳の穴の入り口に触れ、穴に沿ってゆっくり、一周,二周と優しく掻きあげていく
「なら、あなたの行っていることは耳かきとは呼べない」 …よもや耳かき如きで、ここまで突っ込まれるとはな 見てくれた人ありがとう
「そう…つまんないわね」 頬杖をつきながらパソコンの電源を入れるものの、彼女の視線はモニタを捉えている訳ではないようだった ドゥンドゥンドゥン… 振動に合わせて鼓膜が震え、ジーンとした刺激が耳の中に広がっていく
2021-07-13 18:00:00• 二人で遊園地行って、食事しただけですよ」 ちひろ「デートじゃないですか……」ジトー P「だからそんな目で見ないでくださいって……とりあえず犯人の要求は果たしました 83 ID:M8P1amJ7P そこには馬鹿な女が1人いました
おそらく カリ…バリッ… カリカリ…バリバリッ… 鼓膜に張り付いた耳垢が剥がされる度に、バリバリと威勢の良い音を立てるので、最初は恐怖心から無駄に身構えてしまっていたのだが
あれ?すっごい驚いてる、え?まさか、まゆさんでもなければ、まゆさんが気が付かない人?マジ?え?怖いんだけど 凛「. 」との声も多く、ほかの子を押し退けるよりも自らが人一倍頑張って選んでもらいたいスタンスのようである お前また女の子と一緒にいるって聞いたぞ