中国 損害 賠償 世界。 激変するコロナ後の時代、中国共産党が恐れる「世界制覇の挫折」(長谷川 幸洋)

アメリカでは4月21日にミズーリ州のシュミット州司法長官が数十億ドルにおよぶ損害賠償の提訴を発表、テキサス州では20兆ドル、フロリダ州では6兆ドル、カルフォルニア州では8兆ドルなどの集団訴訟が提起しています。

20世紀半ばは、まだ戦争に負けたら身ぐるみはがれる世界でありました。

タブロイド版のいわゆる大衆紙だが、それだけに一般的国民の心情を率直に表明する場合が多い。

ドイツは儲かるから仲の良い振りをしていただけで、本当は元々中国嫌いだった。

6兆ドルを求めるフロリダ州の集団訴訟にも関与している、トランプ大統領と近い関係の人物は、その免責特権を剥奪する方法を検討している。

日本が賠償問題に沈黙するのはなぜか 世界に目を転じると、中国が意図的に情報を隠ぺいした結果、被害が世界に広がったことへの責任を問う動きが広がっている。

まぁ、マコちゃんには関係ないから良いのですけど。

テキサス州やネバダ州など複数の州で訴訟が提起されているが、そのうちフロリダ州では、中国政府を相手取って「当初の対応が遅すぎたために、米国民や米国企業に計り知れない危害を与えた」として弁護士が集団訴訟を起こした()。

年に1回開催する全人代(国会)は当初予定の3月開催が延期されたままだ。

中国政府への賠償請求が選択肢として浮上している。

しかもきわめて激しい語調での反論だった。

23

週刊東洋経済編集長、取締役編集局長、主幹を経て退社。

中国共産党は会社のトップを抑えるだけで、これだけの獲物が獲得できるわけですからねぇ〜。

しかし承継国のイタリア共和国政府は1937年の日中戦争開始以来の民間人資産損害の補償を求めていた。

『世界40ヵ国が中国に賠償請求!! その額驚きの600兆円規模!?』 中国が、世界各国から前代未聞の莫大な額の損害賠償を受けているようです! 今回のパンデミックの原因として、米国や英国が立ち上がったようですが、 このまま大国がにらみ合う状況はゾッとしませんね… 「中国が責任を負うべき」40カ国1万人、7000兆ウォン規模の損害賠償集団訴訟提起 米国や英国など40カ国で、1万人余りの市民が中国共産党を相手に 感染症関連の6兆ドル(約7312兆ウォン)に達する損害賠償訴訟 を起こした。

世界的に新型コロナウイルスの感染が拡大している。

5兆ドル、イタリアは1,000億ユーロ、エジプトでは10兆ドルなど、各国で個人または集団訴訟が起こされようとしているということです。

ただ国家を訴えることが可能なのかという議論もある。

恐らく、経団連の多くの皆さんも、中国共産党の息がかかっているのでしょうね。

だが一国の一新聞が大部数を誇るとはいえ、中国の国家主席に直接、このような抗議をぶつけることはきわめて珍しい点にも、こんどのコロナウイルス拡散の異様性が反映されたといえるのかもしれない。

2