大阪 地裁 裁判 官。 大阪地方裁判所(民事部)担当裁判官一覧

裁判所に出かけた日は一日約5時間、出かけない日は一日約7時間程度仕事をしていた。
そもそも、労働条件が不合理であるか否かは、職務内容が同じ正社員と比較して初めて判断できるものであり、「大学の正職員全体」を比較対象とすべきとした判決は到底納得できません 土、日の生活は、次のとおりである
— q6600ESS q6600es 西田元裁判長は、平成29年4月1日からは裁判官の身分ではなく 検察官の身分になっていました 判決言渡期日の時点では既に検察官の身分なのでいるハズがない
平成14年の夏、H裁判官は6月の葬儀にけっせきしたこともあって、夏休暇を利用して日帰りで法要のため上京したが、親族に対し「休めない、忙しい」と話し、往復の新幹線の中でも仕事をしなければならないと言っていた それにもかかわらず、裁判所が、大学側の意を忖度して、インセンティブ論を持ち出したのであり、腸が煮えくり返る思いです
2020. 母親は先月、亡くなりました これまで前科12犯を有しているのにも拘らず、最終刑の執行終了から3ヶ月で各犯行に及んでおり、規範意識の鈍磨は深刻と言わざるを得ない」として、被告に実刑判決を言い渡した
新垣さんは枚方市の高齢者施設に入所していた母親を週1回、見舞っていましたが、往復で1700円かかる交通費を切り詰めるため、訪問の回数を半分に減らしたといいます また、平成14年、神戸地裁所長が電車内で女性に痴漢行為をしたとして書類送検
26 30