菅田 まちがいさがし 歌詞。 菅田 将 暉 まちがいさがし 歌詞 付き

さらに《正しくありたい あれない 寂しさ》 …と、とても切なそうに歌う菅田将暉に、さらに胸を掴まれた そんな方のドラマの主題歌を僕が歌う
今まで否定し続けてきた 自分を全肯定することができる 自分が「正解」と思って生きている人間なんて、昨今では決して多くはないからです
そんな卑屈な心が映されると同時に しかし、その間違いの人生を歩んできたからこそ、今目の前にいる人間、自分を包んでくれる環境がある いや、そんな簡単な言葉では言い表せないほどのものを、次男は感じとり、自分のものにしてきたのだろうと思う
米津玄師が提供して、菅田将暉が詞と音楽の世界観を類い稀な表現力で演じ、曲そのものに憑依するかのごとく、歌うごとに深くつくりあげた一曲 腹の底から吐き出されるように本楽曲を歌う菅田将暉の歌声の背景には、こんなにも濃密な想いが込められているのです
」 と言うのだ Lyrics 菅田将暉 — まちがいさがし 歌詞 Singer: 菅田将暉 Title: まちがいさがし まちがいさがしの間違いの方に 生まれてきたような気でいたけど まちがいさがしの正解の方じゃ きっと出会えなかったと思う ふさわしく 笑いあえること 何故だろうか 涙がでること 君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 退屈なくらいに何気なく傍にいて 間違いだらけの 些細な隙間で くだらない話を くたばるまで 正しくありたい あれない 寂しさが 何を育んだでしょう 一つずつ 探し当てていこう 起きがけの 子供みたいに 君の手が触れていた 指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 誰にも見せない顔を見せて 君の手が触れていた 指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ Find more lyrics at myjpop. And please follow our blogs for the latest and best Japanese JPOP music, songs, pops and ballads. そう考えることが出来たとき、はじめて自分自身を肯定することができるようになります
この歌詞の主人公は、人と違うことへの劣等感や、たくさんの葛藤を抱えてきたのでしょう きっとそれは、この文章を見ているあなたしかり、境遇は人それぞれだからこそ、その人自身にしかわからない苦しいものが必ずあると思います
米津くんからこの曲の意図を聞いた時に生きている中で何となく不安だった自分にしかわからない気持ちに名前をもらったような気がしました また 風に飛ばされそうな 深い春の隅 というのは、主人公視点の社会が対比されているのではないでしょうか
宜しくお願い致します それくらいのペースで自分自身の答えを見つけていこうという意味なのかもしれませんね
66
それを私に見せて欲しいという、汚れた部分も、惨めな状態も受け入れる愛がそこにあるようです。 この歌詞は本当に深い部分だと思います。 間違いだらけの世界の中で、大切な人との何気ない会話だけが自分の心の支えになります。 「まちがいさがし」は、シンガーソングライター・さんが作詞作曲を担当し、配信シングルとしてリリースされ、菅田さんの2ndアルバム「LOVE」にも収録されました。 菅田将暉の「まちがいさがし」も、米津玄師セルフカバーの「まちがいさがし」も、どちらも最高だった。 正直、何から整理すればいいのかわからない状況でした。 次男は、常々「普通になりたい」と言っている。 その気持ちはひとりのものであり、形は違うけどみんなもっていて、対象者がいることで自分の存在を肯定することができる。 2行目の歌詞では、その大切な「君」との出会いが思い出されます。
22 11