コロナ バッタ アヒル。 「コロナ禍の後はバッタ禍」日本人と大量の虫との仁義なき戦い 「蝗害」被害の多い日本人の知恵 (2ページ目)

いま大発生しているのは、サバクトビバッタである。

これが…今度は「砂漠バッタ」が中国に侵入し大発生!になってくると、さらに中国からの穀物や野菜の価格が上がってくるとは思います。

コロナばかりでイヤになっちゃっているのか、こんなほっこり(現実はそうではないものの)ニュースが世界をかけめぐりました。

そのうえ旅行制限がかかっているので、専門家がバッタが大発生している国々に出かけて、地元の人々に駆除対策などのトレーニングをすることもままならない。

その煙の中から、いなごが地上に出てきたが、地のさそりが持っているような力が、彼らに与えられた。

しかし日本の古文献によると、イナゴや稲の害虫であるウンカなどによる蝗害が発生したことが報告されています。

13
古くは「聖書」や「」にもその内容が書かれています。 2020年に大規模蝗害が発生! 2020年の年明けすぐ、アフリカ大陸北東部でサバクトビバッタによる大規模な蝗害が発生しました。 バッタが産卵する場所は、草が生えていない乾燥した砂地の地下です。 南米でもミナミアメリカバッタが大量発生 現在、世界で発生している蝗害はサバクトビバッタによるものだけではありません。 任務を終えた後は、食卓のごちそうとなってしまうそうです…。 過去記事についてはこちらをご覧ください。 通常、これらのバッタ類は分散して生育するため大量発生には至りません。 日本だと「ヒアリ」とか。 政府の厳しい管理下にあるはずの中国メディア界で何が起きているのか。
80
さまざまな要因が、これほど容赦なく重なる状況は想像し難い。 ともあれバッタは、10匹や20匹なら可愛いものだが それが、数千億ともなると非常に厄介な生物ではある。 そして…感染源元の国の出す数も怪しい事は他国での感染拡大の数と死者数を見てれば明らか、本当に申告してれば あの数以上に出ているという事。 【記録的な大雨によりバッタが大量繁殖したのは事実】 サバクトビバッタは、体長5cmほどの黄緑っぽい色をしており、短期間で繁殖し、1日150kmほどの距離を移動する特徴を持つとされる。 だがわたしが知っているイナゴとは別物だ。 』 と書いており「万一があるかもだから備えてね。 世界の誇る選手達への防疫よりも あの国のご機嫌取りを優先した国」の扱いなので…人権侵害民族弾圧してる国と連なりで 右になれ〜の風見鶏日本。 すでにインド方面が作物被害が出てる次第でして…。 そして、新たな食べ物を求めて一定方向に飛行します。 サイクロンからバッタが大量発生 2019年になるとサバクトビバッタはサウジアラビアや東アフリカのソマリア・エチオピアに拡大します。
26