タルラ アーク ナイツ。 【アークナイツ】レユニオン・ムーブメントの成り立ちや構成メンバー

不死の黒蛇はウルサスの現状を嘆いていました メインストーリー7章の考察はこちらです
W サルカズ人の傭兵 に感染したYoutuberが、あちこちを旅行して感染を広げてしまったというニュースが流れたとき、多くの人がそのYoutuberを非難しました
フロストノヴァやファウストが語っていた「彼女は急に人が変わった」とはこのことである そこにゲームの側も本気で食らいついていこうとしているのがすごいなと思いました
結局、ウェイの命令に従うことが、一番龍門のためになると考えたのでしょう チェンとタルラの まずはタルラの血脈と、20年前に起きた龍門での戦いを整理します
辛く険しい道のりになることは分かっているけれど、諦めずに戦う人がいて、かすかな希望としてテラの大地に点在しているのです タルラの言い分では、コシチェイに誘拐された夜は月夜で、土砂降りの雨だったと言っています
それでも前へ進んでいく 6章でロドスは、とフロストノヴァというレユニオンの指揮官を2人も撃ち果たします 最後に意味深な言葉が残されます
未来がわかる悲劇 タルラ編は彼女の過去へと迫る回想編でした 少しでも妥協を見せることにはいけなかった
45
6章では、レユニオンをレユニオンたらしめている大きな原因である、感染者迫害の子細が語られました。 龍門の西に「輝蹄の封鎖区域」と呼ばれる場所があり、コシチェイはそこに入っていってしまい、ウェイが手を出せなくなってしまった様子が語られていました。 疑う要素がなかったのです。 全てが全てタルラの覚悟の上でのタルラの意志であるなら、 パトリオットが死んだことを察知して涙を流すでしょうか。 先代皇帝はをたくさん仕掛け、ウルサス軍は周りの国家へと攻め込み、領地を拡大してきました。 の異父姉妹である。 彼女自身の恨みなのか、それともコシチェイの力なのか。

レユニオン結成 コシチェイを刺し殺し、西北凍原から感染者のための闘争を立ち上げたタルラは、最終的に我々プレイヤーがロドスとして戦ってきたあのレユニオンを完成させます。

非常に厳格な人物であり、レユニオンであれど規律を乱す者に対して容赦をすることは無い。

パトリオットに心酔し彼について行った者たちは、 「パトリオットはタルラに殺された!」と叫びます。

攻略も楽しかったし善き哉。

ステルスのアーツを用いて自身の部下である部隊をステルス化、あたかも自身が超高速で移動をし他方から射撃が行われているように見せる攻撃が得意。

ウェイのやり方に反感を覚え彼の元から去ったチェンを追う形で、ロドスはチェルノボーグの突撃阻止に動き出します。

パトリオットは他の幹部達とは異なり軍に所属していた過去を持っているため、他の隊と比べて統率の取れた部隊であり、パトリオット自身もある程度はロドスの立場も理解しているため、もしかしたら…という淡い期待も抱いてしまうほどです。

35