まとも な 人間。 「まともな人間の乗る乗り物ではありません」突然の嵐に機材トラブル…男を襲った“試練”

付加疑問文については別の記事にまとめていますので、詳しく知りたい方は下のリンクをクリックしてください。

変なルーティンを繰り返して、年老いていくだけでしょう。

つねに先の事を見ていたり考えたりしているわけですが、そのおかげで孤独になりやすいわけです。

誰も、自分の辛さをわかってくれない。

川に流される落ち葉のように、ただただ周りの状況に翻弄されるだけの、 「受け身の生き方」しか出来なかった。

トピ主さんはトピ主の生き方をしてください。

「人生は苦痛でしかない」 「もう、楽になりたい・・・・」 そんな思いに苦しみながら、毎日を苦痛とともに生きる人がいる。

そんな漠然としたライフプランをたてていましたが、母の言葉で足下がぐらついてしまいました。

今の「悪循環」から抜け出したり、人生を「変化」させるパワーを出せないのだ。

歳をとるにつれて周りの結婚式が増えるから、ある程度のお金は貯めておくといいよ。

そうなると、もう何も言えなくなる。

着実にキャリアアップをして、同世代と比べてお金がもらえるようになった今でも、心のどこかで見えない何かから逃げている。

そういった後悔があるので、今は他人なんてどうでもよくなっています。

200件のビュー• それもそのはず。

79