トライ ブリゲード デッキ。 「LLトライブリゲード」デッキレシピ2021の回し方・展開例を紹介!早くも環境で注目されている混合デッキ!

墓地のモンスターも使ってリンクモンスターを特殊召喚できるので、墓地にある獣族・獣戦士族・鳥獣族によってはフィールドに大量のリンクモンスターを出すことができる強いデッキです。

墓地肥やし効果としては、手札から自身を捨てることで墓地肥やし効果を使える 「鉄獣戦線 フラクトール」や墓地へ送られた場合に墓地肥やし効果を使える 「鉄獣戦線 キット」が優秀です。

このデッキの強み このデッキ特有の強みは3つです。

展開への妨害札を相手が持っている場合はこのカードを出すまでに使われそうですが、相手モンスターの墓地効果や破壊された場合の効果を防ぐ等の狙いで一度このカードを間に挟んで羽根吹雪を撃つことも考えられます。

《微炎星-リュウシシン》ABの効果で《魁炎星王-ソウコ》Aと《殺炎星-ブルキ》を蘇生• シュライグで結界像Aをサーチして通常召喚して、シムルグで結界像Bを出してガダーラされてもいいようにしてます。

《鉄獣の血盟》(通常)• 《炎舞-「天璣」》によるサーチは、《鉄獣戦線 フラクトール》と共有できるので、状況に応じて使い分けが可能です。

基本的な戦い方 先攻・後攻の選択権があれば、先攻を選択します。

デッキからレベル3以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を墓地へ送る。

《痕喰竜ブリガンド》 スポンサーリンク 「トライブリゲード」は、11期のパック「ファントム・レイジ(PHANTOM RAGE)」でカテゴリ化される、リンク召喚主体 のデッキテーマです。

《十二獣ライカ》1• 《鉄獣戦線 フラクトール》Bを召喚し、効果で墓地の2体を除外し《炎星仙-ワシンジン》を特殊召喚• 《ペロペロケルペロス》1• 《転生炎獣アルミラージ》1• 《鉄獣戦線 ケラス》3• 《戦華盟将-双龍》1• そのため、様々なテーマと組み合わせることができ、「トライブリゲード」だけではデッキが判断がつかなくなるのも強みとなります。

16 55 32