旭川 死体 遺棄。 乳児死体遺棄で両親逮捕、旭川

12

赤ちゃんは去年か今年に生まれた」(近所の人) 警察は3日前に、迷子になっていた京田容疑者の子ども2人を保護していて、夫婦に家族構成を聞いたところ不審な点があり、事件が発覚しました。

午前中に自宅から3キロも離れた場所で5歳と3歳の姉弟が迷子になるって、どんな状況なんやろね。

地元メディアの記者がその間の状況を説明する。

犯罪と聞くと特定の行為を行う場面を想定しがちですが、行うべきことを行わなかった場合にも犯罪となる余地がある点には注意が必要です。

どんな家か見てみましょう。

同署などは同日、遺体を司法解剖し、死因の特定を急ぐとともに死亡の経緯を調べている。

48
「『旭川市子育て支援部』が次女を最終確認したのは、昨年2月。 やっぱり親の力だったんだね。 木も水も山も花も石も太陽も人も愛しています。 この裁判をめぐっては、これまでにも京田被告の不規則発言や腹痛の訴えなどを理由に、あわせて三度、審理が行われなかったり期日が取り消されたりしています。 こんな領域あったんですか?っていうびっくり加減です。 2人は共謀して、自宅の敷地内に性別と年齢が分からない乳児の遺体を埋めた疑いがもたれています。