F1 ホンダ。 来年以降もホンダエンジン継続!! 撤退でもF1にHONDAが残る意味

したがってホンダ撤退はF1の存続に関わる重要な問題なのだ。 ホンダのリリースによれば、今後のカーボンニュートラル(二酸化炭素の中立化)等の環境対策やその技術の向上へ全力を注ぐため……等々の理由を上げている。 それにしてもホンダのF1挑戦は今回で4回目、1960年代に挑戦を始め、最終的に勝てるマシンに近づきながら会社の財政的な問題でF1から撤退、これを第一期。 2021-07-18 19:25:00 アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、2021年F1イギリスGPのスプリント予選を振り返った。 2021-07-18 05:07:11 2021F1第10戦イギリスGPで、史上初のスプリント予選レースが行なわれ、レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが圧倒的なスピードで4戦連続のポールポ. そこに我々の弱点があることははっきりしているよ」 ヴォルフは、その弱点を生んでいる原因は「エネルギー回生」だと思うと語り、次のように続けている。 2021-07-17 03:46:50 新システムの予選は、グリッドではなく、明日のスプリントレースのグリッドを決めるという若干分かりにくさが心配されたが、フタを開ければタイムが更新される度. もちろんホンダバッジが残るかどうかは別の話しだが、少なくともホンダPUは、2022年以降次なる新世代PUの登場まではその姿をF1に留めてゆくというわけだ。
24

16番グリッドからミディアムタイヤでスタートし. しかし、レッドブルへ完全譲渡という選択をホンダがすることはないように思える。

レッドブルは、2022年からホンダのパワーユニット技術を使用することで本田技研工業株式会社と合意。

「新しいエンジンサプライヤーを採用するか、もしくは我々がホンダエンジンをさらに開発するかのどちらかだ」 「現在の状況では、物事は前向きに見える。

ホンダはすでにその対応に取り組んでいる。

2021-07-18 05:25:00 F1第10戦イギリスGP(シルバーストーン)2日目、F1初の試みとなるスプリント予選が行われた。

何故かと言うと、イギリスはF1コンストラクターの本拠地だし、すでにメルセデスが車体のアップデートを入れてくると言ってますから、そういった意味で本当にレッドブルとメルセデスが拮抗する状況になると思いますし、あそこも本当にタイヤに結構厳しいので、そういった意味でイギリスGPが前半戦の山場だと思います」 「今回レースのフォーマットも若干変わるんで、観客もフルに入れるということで楽しみにしています」. 2021-07-17 11:23:53 史上初のスプリント予選が実施される2021F1GP第10戦イギリスGP。

「我々は高速域で負けている。

ホンダPUのF1残留とはいえ、どういう形になるのかは未だ不明だが、レッドブルとの譲渡契約の煮詰めには多くの問題もあるだろう。

18

レッドブルに対するホンダの英断といってよいだろう。

メルセデスF1チームを率いるトト・ヴォルフが、2021年F1シーズンに向けて自分たちよりも強力なパワーユニットを製造してきたホンダを称賛した。

もちろん、レッドブルの希望的観測からの話しのはずだ。

2021-07-18 02:51:00 F1第10戦イギリスGP(シルバーストーン)でF1初の「スプリント予選」が行われ、ハイライト動画が公開された。

2021-07-18 05:47:00 F1第10戦イギリスGP(シルバーストーン)2日目、F1初の試みとなるスプリント予選が行われた。

2021-07-18 08:49:57 シルバーストン・サーキットで行なわれている、F1第10戦イギリスGP。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、新しいF1エンジンレギュレーションが導入される2025年以降についてもホンダに何らかの協力を求める可能性があることを示唆した。

2021-07-18 17:25:30 ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、2021年F1イギリスGPのスプリント予選を9位で終えたが、3グリッド降格ペナルティを科せられて決勝は12番グ. モータースポーツ界をショッキングなニュースが駆け巡った。

10