尿 検査 ウロビリノーゲン。 尿検査でウロビリノーゲンはなぜプラス?マイナスや2+になる原因は?

47

肝障害があるとビリルビンに戻りにくく、尿へ多く出てきますので、肝機能を知る検査として用いられてきました。

上部消化管X線造影検査は食道、胃、十二指腸などの臓器異常を検査します。

肝臓の障害• 激しい運動をした後や疲れすぎた状態、サルファ剤ほかの薬剤投与でも陽性(+)• この蛋白質とくっついたビリルビンを、間接ビリルビンと呼びます。

尿量を調節するホルモンの分泌異常が原因の尿崩症 にょうほうしょう でも起こります。

尿ウロビリノーゲンとは 尿ウロビリノーゲンとは肝臓や胆のうの機能異常の有無を診断する尿検査の一種です。

このビリルビンは、蛋白質とくっついた状態で肝臓に運ばれます。

この尿中へ漏れ出た蛋白を尿蛋白といいます。

6 22