本村 洋。 福田孝行の手紙と本村洋の予言 ~山口母子殺害事件

これに対し橋下は2007年12月9日放送の『たかじんのそこまで言って委員会』において、「7000通も(懲戒)請求が出てるのに何にも意味がないんだ」と懲戒請求制度および弁護士会の態度に不満を洩らしている しかし、この「全国犯罪被害者の会(あすの会)」は、2018年6月3日に解散しています
著者側も「虚偽の主張により名誉を毀損された」としてF側に約1600万円の損害賠償を要求する訴訟を起こしていたが、2012年5月23日に著者の主張を退ける地裁判決が出た 社会に対して訴えたいこともあるだろう
2021年2月6日閲覧 「」『』(共同通信社)、2012年2月20日
実際、懲戒請求をした側が敗訴し、50万円の慰謝料を支払うよう求める判決が出ているケース もある それを大学新卒と同じ23才で、過酷極まりない精神状況の中で、時にバッシングの対象となりながらも毅然と指摘した人間がいた
2021年2月6日閲覧 山口・光事件弁護団への懲戒請求が8095件/日弁連(読売新聞 東京朝刊 2008年2月21日34頁)• 被害者の夫である本村洋さんがいつも通り会社から帰宅しました
しかし、2006年に審理の差し戻しを決定した判決では「Fは罪の深刻さと向き合って内省を深めていると認めるのは困難」として採用されなかった 東京新聞 2012年2月21日朝刊1面• 「もし犯人が死刑にならずに刑務所から出てくれば、私が自分の手で殺します」 これは、ただの復讐予告ではなかった
「」『』、2017年12月19日 2015年(平成27年)10月30日 - 広島高裁が「証拠には新規性がない」としてFの再審請求を棄却する決定を出した
光市裁判を考える有志の会(編)『橋下弁護士VS光市裁判被告弁護団』一般市民が見た光市母子殺害事件 STUDIO CELLO 2007年10月• 2018年3月23日時点のよりアーカイブ 最高裁は判決の中で、一審及び1回目の控訴審において酌量すべき事情として述べられた、殺害についての計画性のなさや、被告人Fの反省の情などにつき、消極的な判断をしている

Fは幼少期から実母とともに実父から暴力を受け、中学時代には実母が自殺。

夫が帰宅をした時、既に妻子の息はありませんでした。

会見の終了間際にこう語った。

2018年2月22日閲覧。

そのあいだ、私は君を守ることができる。

福田孝行自らの「極刑以外にない」「生きたい」という言葉は、間違いなく死刑制度が存置してこその発言だ。

このことはやはり改善されるべきであると本書は教えてくれている。

本村洋さんは現在は一般企業で会社員として働かれているようです。

愛する家族の尊厳も命も奪われたにもかかわらず 長きに渡って過酷な裁判に耐えるだけでなく 毅然とした態度を取り続けた姿が印象に残っています。

同小法廷は、差し戻し控訴審判決を支持し、Fの上告を棄却する判決を言い渡した。

87

この本村洋さんの訴えは社会に大きな波紋を起こし、少年法や死刑制度、司法のあり方などについて社会的関心が高まるきっかけとなりました。

そもそも、日本の司法で死刑が保持される理由はたった2つである ・憲法で人権制限が認められていること ・司法が死刑を違憲でないと認めていること 後者は言うまでもなく1948年、最高裁が「死刑は 憲法で禁じられる 残虐な刑にあたらない」としたこと、そして60年を経た今日もすべての裁判でその判断が堅持されていることである。

大阪弁護士会が光市・母子殺害被告弁護士の懲戒請求で所属弁護士を処分せず(スポーツ報知 2007年12月27日15頁)• 2012年2月20日閲覧。

1人で生活し、いろいろと精神的に参っていた私を、 支えていただける方と出会うことができました」 と報告 本村洋さんの知人によると、 お相手は7歳年上で同じ会社の同僚なんだとか。

本村洋さんが豪邸で贅沢な暮らしをしているという噂の根拠などは示されておらず、デマ情報でしょう。

関連書籍 [ ]• の2012年2月20日時点におけるアーカイブ。

「」『msn産経ニュース』産業経済新聞社、2012年2月20日。

「本当に長い裁判でした。

- 山口地裁(渡辺了造裁判長)はを言い渡した。

お二人は悲しいことに亡くなってしまったわけですが、 その後本村洋さんは 再婚されたんだそうです! 判決会見の中で、 本村洋さんは再婚していたことを語りました。

88