転倒 転落 短期 目標。 【転倒 骨折】ケアプラン記入例(文例)70事例|立てよケアマネ 記入例・文例・文言フリー

定期的に外出ができ、気分転換する 生きがい• 転倒や外傷を予防でき、入院生活が安全に過ごせる。
定期的な受診により、現在の身体・健康状態を維持する事が出来る• そしたら、短期目標としてあがるのが、 トイレへいくときはNsコールを押して看護師を呼ぶことができる とか、 一人でトイレへ行くことがない など、長期目標を達成するための具体的な日常生活の目標があげられます 転倒転落リスクがあるけど、自尊心もある高齢者
定期的な受診で病状の安定と健康管理ができる• 検査結果の重大な異常値(パニック値)があった場合の連絡体制を見直し、担当医師に確実に伝えることができるようにしました 家族:せっかく歩けるようになったけれど、リハビリを止めてしまうとまた歩けなくなるんじゃないかと心配
患者さんの個別性もあり、転倒転落のアセスメントは難しいもの ・歩行状態が不安定な場合は、見守り、付き添い、手引きなどの状態に応じた介助を行う
【食生活について 】 ・骨を形成するカルシウム、ビタミンDなどが多く含まれる食事を摂るようにする ・食欲不振になることがあるため、栄養バランスの良い食事をしっかりとるように心掛け、必要に応じて高カロリーの栄養補助の使用も検討する ・バランスの良い食事が摂れるようにし、必要に応じて市販のカルシウム剤を利用する 【服薬について】 ・服薬について用法、用量が守られているか確認する必要がある ・薬剤の服用量が多くなるため、適切な助言や指導を行う必要がある 【外出の機会確保について】 ・外出の機会を確保して、閉じこもりや廃用症候群を予防する ・外出の機会や他者との交流機会を確保して運動不足やストレスを解消する必要がある ・骨折リスクは考慮しながらも、日常生活における運動量を増やして骨代謝を活発にする 【日常生活について】 ・疲労は症状悪化のきっかけになるため、睡眠や休養を十分にとって体調、心のストレスを減らすようにする ・再び転倒することを避けようと、不活発になって活動性の低下が危惧される 健康管理や定期受診を行い、病状変化の早期発見ができる• 看護師が一番バタバタする夕ご飯時、朝方とか、看護師の体力が一番やばいうしみつどきは時に転倒転落を起こすことが多いような気がします
入浴の回数が増加する• 残存機能を活用し、自力で移乗ができるようにする• ・衣服の調整:かかとのある靴を着用するように本人やご家族に準備してもらう 少しでも自分で歩けるようになる• ブログを初めて、かれこれ7年になりますが、私はなんぼほどアセスメントが好きなんでしょう
手の振戦があるが、安心してトイレで排泄できる• 心不全が悪化しないようにする• 拘縮による日常生活の支障を減らす• 家族に協力してもらいながら、安全に入浴できる• 誤嚥の危険を無くし安全に食事をする• 転倒しないで安定して歩くことができる• 感染症を予防する• また、手術部では、麻酔介助をはじめとし、診療科ごとのチーム制による手術介助を実践することで、根拠に基づくより質の高い手術看護の提供を目指している 緊急時の連絡体制を確保し、不安の無い生活を送る• 眼疾患による視野狭窄や視力低下• 介護者の負担やストレスを軽減して、在宅生活の継続を支援する• 頻尿だが安心して排泄することができる 排便• 静脈血栓塞栓症ガイドライン(西市民病院編)の作成 etc. 上下肢の拘縮を進行させないようにする• 家の中でも、安全に移動出来るようにする• 残存機能を活用し、自力での整容ができるようになる• 健康に気をつけて、活動的な毎日を送る• 体調が整い、血圧が安定する• 入浴時の転倒を予防する• 自力で排泄後の後始末ができるようになる• 外出時、歩行が安全に行えるようになる• 患者の起き上がりをできるだけ早く知りたい場合や、 転倒・転落の危険性が特に高い場合には「離床センサー」を選択します
起立性低血圧やメニエール病などによるめまい• 無理をせずに支援を受けることで、介護を一人で抱え込まない• 拘縮の改善と悪化を防止する• 医師の指示に基づく処置を受け、褥瘡を完治させる• 定期的な状態の確認・観察が確保され安心して生活する• 〇〇まで歩いていくことができる• 自宅介護の中で医療面の相談や管理ができる• 病状を安定させ在宅生活を継続する• 家族が無理なく介護ができるようになる• 拘縮の進行、筋力低下を少しでも遅らせる• 「目標」という表現がいけないんですかね
社会参加や他者との交流の場に参加する• 会話をすることでいきいき生活できる• 自分一人でトイレに行けるようになる• 次年度は看護ケアの質の向上をめざし、全セクションに導入を試みたいと考える 関節や筋肉が固まらないように定期的に体を動かす• 脱水症状、出血傾向の有無• 医療訴訟になることもあり
・リハビリの進行状況は理学療法士、作業療法士と情報共有をし、安全な介助ができるようにする 車いすへの移乗時に足の巻き込みを予防する• 定期的に日光に当たって健康な日々を過ごす リウマチ• 平成23年度は、看護部に求められる多様な役割を確実に果たすこと、そして個々の役割を統合し、看護部の蓄積されたシステムを機能させ、組織力を強化していくことを課題とした
体重減少を予防する• 血圧を安定させる• 外出時、歩行が安全に行えるようになる• 転倒することなく安全に生活できる環境を整備します• 自力で体を洗うことができるようになる• 正確な判断、記録を行うために、医療機器を含む院内の時計の時間合わせを徹底するようにしました 居室の環境が改善され安全に生活できる• 適度な運動を生活に取り入れ、体重増加と高血圧を予防する 高血圧• 交流の場でいろいろな人とコミュニケーションが取れるようになる• 歩いたり座っ. 麻痺があるが、転倒することなく安全に歩行できる• 下肢筋力をつけ将棋教室までの距離が歩くことが出来る• 表2病室で用いられる主なセンサー類 比較的歩行や座位が安定している患者には、「床センサー」をベッドサイドや病室から外に出る通り道に使用しています
履物は滑りにくい運動靴を使用し、活動しやすい服を選択する 介助を受け、外出を行う• 起居動作、移乗動作が安全にできるようになる• 便秘の症状が悪化しないようにする• 排便のコントロールができ、規則正しい生活が送れる• 妻も高齢で家事が負担になっているので負担が軽減出来る• 廊下の段差で転倒することなく移動できるようになる ベッド上• 直接タイムリーに指導ができ組織活性化につながった
本人:入院中リハビリをして、しっかり歩けるようになったが、止めてしまうとまた歩けなくなる気がするので、退院してからもリハビリを続けたい それくらい転倒転落は看護師にとって非常にシビアな看護問題
確実な入浴ができる• 介護用品支給により経済的負担が軽減される• 安全に一人で外出できるようになる• きれいな身体で過ごすことができる• 車いすの操作を安全に行うことができる• 良好なコミュニケーションが図れるようになる• 安全におむつ交換ができるようになる• 減塩食を摂りながら血圧の悪化を予防する• 病気の悪化を予防し、夫婦での在宅生活を継続する• 自分でカテーテルの管理ができる• 夜間でも安心してトイレに行けるようになる 整容 清潔 その他• 点滴管理、水分摂取を促す• 介護の負担を軽減し安定した在宅生活を送ることが出来る• インシュリン自己注射が確実に行われる• 立ち上がり動作能力の維持・向上ができる• 下肢筋力をつけ見守りの中安全に歩けるようになる• 日時 テーマ 第1回全体研修会 (令和2年6月3日) 院内事例をまとめた冊子配布で 紙面開催 参加674名 令和元年度のインシデントを振り返って 第2回全体研修会 (令和2年9月10日) 参加48名 画像見落としの紛争対応の基礎、カルテ記載の重要性 第3回全体研修会 (令和3年1月) 集合研修とオンライン研修 参加610名 放射線科被曝について(放射線技術部) その他 医療ガス安全管理研修会を医療ガス安全管理委員会、呼吸ケアチームと合同で開催しました 損傷を起こしやすい原因をアセスメントする• 他にも看護計画などに関する記事があるので、ぜひ見てくださいね
主治医との連絡体制を確保し、安心して生活する• 高齢者の看護は、身体的、精神的状況を総合的に把握して、思いや価値観を尊重した関わりを行うことが大切です 安楽な体位保持ができるようになる• 倫理的にも、モラル的にも
短期目標は、ニーズ・課題をクリアするための 行動・活動目標として設定する 食事療法・管理をうけ、脳梗塞が再発しないようにする• 血圧の変動がなく、病状が安定する• きれいな皮膚で快適に過ごせる• ・せん妄などの外傷リスクが高い場合は、頻回に訪室し、安全確認を行う
状態が急変した時も適切に対応してもらう体制を整備し、不安の無い生活を送る• しかし、その一方で看護師の接遇を見直してみると、適切な接遇スキルが十分発揮されていない現状が見られた 異常の早期発見と悪化防止• 歩行動作能力の維持・向上ができる• 起き上がり動作能力の維持・向上ができる• 廊下の段差で転倒することなく移動できるようになる• 糖尿病の合併症を予防できる• 緊急時の連絡体制を確保し、安心して生活することができる• ・トイレなどへの歩行介助が必要な場合には、遠慮せずナースコールを押すように説明する
介助を受けながら、安心して入浴する• 経管栄養でも十分な栄養が取れ在宅生活が継続できる• ・夫婦で力を合わせて在宅生活が継続できるような、相談見守り体制を構築します 適切な食事を、規則正しく食べることができる• 経管栄養であるが、安心して生活することができる• バランスのよい食事がとれて体調が整えられる• 身体の清潔を保持していく事が出来る• 入院により歩行状態が不安定になったが、以前のように安定して歩ける様になる• 移乗や移動時の転倒を防止する• 栄養のバランスがとれた食事が摂れるようになる• 体力、足腰が弱くならないように定期的に運動をする• 症状の改善や悪化を防止する• ・これまで出来なかったことが少しでも出来るように支援いたします
糖尿病の症状をコントロールし、自宅での生活を継続させる• 平成23年度の新たな取り組み• 令和2年度に開催したものは以下の通りです 設備の整った浴室で安全に入浴できる• 排泄の環境整備を行い、安全に排泄できるようになる 排尿• 小刻み歩行、前傾姿勢になりやすいが、転倒せずに歩行できる• 転倒転落リスクがある患者の看護プランで知っておいてほしいこと もしこれを読んでいるのが看護学生か、まだがっつり新人ナースさんなら、ぜひ転倒転落リスクがある患者について、知っておいてほしいことがあります
27
安全に移動ができるようになる• 適切な食事を、規則正しく食べる事が出来る 自分で調理ができ、食べたいものを自分で作ることが出来る 簡単な調理を自分で作ることが出来る 自分一人で調理ができるようになる 介助を受けながら調理ができるようになる 自分で調理ができるようになる 調理の下ごしらえを自分でできるようになる 少しずつ調理や片付けを自分で行うことが出来る 簡単な片づけを行うことが出来る 自分で作った料理を家族に食べてもらう 食事の確保ができ安心して過ごす 自分の得意料理を一人でできるようになる 介助を受けながら、簡単な調理ができる 畑で取れた食材を使って調理し、おいしく食事を摂ることが出来る 一部介助や説明を受けながら、簡単な調理をすることが出来る 掃除・洗濯 長期目標 短期目標 ゴミや汚れの無いきれいな部屋で過ごすことが出来る 汚れものがたまらないようにする ゴミ捨てに自分で行き、快適な環境で生活することができる ゴミ捨てに自分で行くことができる ゴミ捨て場に自分でごみを捨てに行くことが出来る ゴミの分別を自分でできるようになる 居室内が整理され、衛生的な環境で生活する 自分で片づけられるところは片づける 洗濯(干す、取り込む、たたむ、しまう)の一連の動作が自分でできるようになる 洗濯(干す、取り込む、たたむ、しまう)の一連の動作の中で、一つでも自分でできるようになる 自分で洗濯ができるようになる 洗濯機の使い方を覚える また、清潔の保持や外出の機会を確保することで、楽しみや生きがいを作るお手伝いをいたします
そこで、平成23年度は既存の看護サービスシステム(固定チームナーシング、マイナースシステム、看護診断)とベッドサイドケアの活性化を図るために、各部署における実践状況や個人の役割行動を再評価し、改善する取り組みを行った 脳梗塞が再発しないで今のように、夫婦ふたりで穏やかに在宅生活を送ることが出来る• 体を動かして病状を改善させる• 会議では当日と翌日の入院患者の入床病床の確認、緊急入院の場合の後方病床の決定、前日の緊急入院患者のベッドコントロールの必要性の有無または調整、退院延長患者のリストアップ及び医療福祉支援センターへ退院調整の依頼等を行っている
院内認定看護師制度 安全で確実な看護技術が実践できる看護師育成のために、院内認定看護師制度を設けている バランスのよい食事が3食とれる• 本人:リハビリを止めてしまって、また歩けなくなると思うと心配
安全な歩行ができるようになる• 自力で車いす移動が出来るようになる• 指示された摂取量を理解することが出来る• 転倒・転落を防止する• 心疾患がこれ以上悪くならないようにする• 看護師のモチベーションアップ 処遇改善として、看護師に係る特殊勤務手当に、手術部勤務手当、HCU勤務手当、認定看護師、専門看護師手当を新たに支給した 緊急時の連絡体制を確保し、安心して在宅生活を継続させる• 段差につまずくことなく安全に移動できるようになる• 全身機能の低下を予防する• 浴槽への移乗動作が一人でできる• カテーテル管理の処置を受けたい• 頭部CTとったりして状態を家族に説明しましたが、家族は積極的な治療を望んでおらず、CPRは行わない方向が決まりました
また、看護部門では、部署の職員全員が手を重ねて今日の目標を声に出して唱和すること(タッチ・アンド・コール)を推進し、安全作業のポイントを意識付けるとともに、連帯感や活動意欲を高めるように努めています 生活の活性化が図れる• 移動動作能力の維持・向上ができる• 身体に負担なく就寝・起床行為が出来るようになる 麻痺・拘縮• 物品の位置を変えたときは必ず伝える
むせることなく、食事を味わうことができる 例えば、「転倒・転落発生率をゼロにする」という、絶対的な数値目標を立てると、苦しい状況になります
おむつかぶれを予防する• 残存機能を活用し、自力での階段の昇降ができるようにする• 生活リズムを整え、安心して排泄できるようになる• ポータブルトイレ使用時の転倒を予防する• 重複投薬や手術、検査への影響を鑑み、持参薬管理を見直し、HCU、救急病棟に入院の患者では持参薬の使用は原則禁止としました 現在の血糖値を維持・継続させる• 自力で爪切りができるようになる• 認知症などによる不穏や体動• このように患者の行動パターンを把握し、どのタイミングで報知させたいかを考え、センサーを選択しましょう
歩行状態が安定しトイレで排泄できる• 今後も夫婦二人での生活を継続させていくには、ご本人の身体機能の維持向上と痛みの緩和を考えると同時に、ご主人の負担軽減を考えていくことが不可欠です 移乗動作が安定しトイレで排泄できる• 介護者の負担なく入浴する• 服薬を確実に行う• 衣服の着脱を自分で出来るようになる• 自力で身体の清潔保持ができるようになる• 移乗や移動時の転倒を防止する• 通院が自分で行えるようになる• 他者と交流をもち、楽しくすごす• 家族が休養・気分転換でき、精神的にゆとりを持って生活できる• 自力でボタンのかけはずしができるようになる 拘縮・麻痺・その他• それにともなって、脳血管疾患や高血圧、心不全などの循環器系疾患、消化器系疾患、呼吸器系の疾患となる可能性が高くなります
65