にゃん どん 鹿児島 弁。 鹿児島の方言集

「穂」が無いや「帆」が無いように喩えられるが、の「ホンジナシ」(無し)と共通の語源と考えられている。 (語る)• - 暗号の代わりに部族語を用いる秘匿通信に登用された人々。 特徴的な単語の例として、「いした」(地域によって「いして」「い(ひ)っちゃ」「いっちゃび」などとも言う)という言葉がある。 促音化 [ ] 薩隅方言の特徴として語中・語尾の狭母音の脱落による化がある。 イッキ:すぐに。 ダレル:つかれる。
72
フ:運 離島方言はそれぞれに特色があり、特に種子島方言は薩隅方言的特徴が薄く、独自色が強い
いっぱいいっぱい カゴンマ:鹿児島• アッタカン、シタンドン:有ったかも、知れないけれど
鹿児島県出身の長渕剛の「きばいやんせ」の一番の歌詞の歌い出しに「どけんしてんやらんといかん事(こっ)がよ 俺(おい)にもお前(わい)にも ひとっぐらいある・・・」とあります チゴッ、チゴド:違う、違うよ• ケ:往来の目的
~ジャッセン? 「ちーん、ガラガラ」と崩れる様 クセラシカ:大人びた
(目上の者に使う)• オラン:居ない ボエ:物覚えが悪い
ヤッケタ:困った テゲナ:(1)けっこうな
76