東横 線 路線 図。 東京メトロ副都心線の路線図

2月1日 との相互直通運転を開始 途中駅として、綱島駅・(仮称)・を設置するとした
LTE• 樽町2131• 現在でも、への出入庫を兼ねた東横線・目黒線ともに当駅止まりおよび当駅始発の運用が存在する (昭和61年)• この工事はに完成した
致します• 渋沢栄一• 東急東横線沿い• 途中では南に・の群を見下しながらJR線群を跨ぎ、渋谷1号踏切を越えて代官山駅に進入していた D850• 急行の歴史• かつて東横線が使用していた線路の一部を整備して目黒線用の線路とし、同線を6月22日に日吉駅まで延伸させた
食付き• 目黒線は、武蔵小杉駅 - 元住吉駅間の北側約200mの位置(旧駅舎のホーム付近)までは、東横線が高架化前に使用していた地平の線路を使用する 武蔵小杉駅開業
(平成27年)度 - 都立大学駅、新丸子駅 、元住吉駅、大倉山駅、菊名駅下りホームに設置 各駅停車として運転される通常の日比谷線直通電車と異なり、東横線内を急行列車として運転する
ひこうき• (平成29年)度 - 自由が丘駅、綱島駅、妙蓮寺駅に設置 東横線は、特急と急行が交互に運転されるので、例えば、自由が丘駅で急行(特急)の待ち合わせをした列車は、菊名駅では特急(急行)の待ち合わせをする
主に発着の列車がとでまたは(時間帯によっては)の待ち合わせをする 運行本数 ダイヤ改正時点での東横線・みなとみらい線・副都心線における日中1時間あたりの運行本数は以下のとおりである
80 51