名鉄 9100 系。 名鉄9500系・9100系電車

側面窓下段部には2本の保護棒が設置されたが 、これは後年全車とも撤去されている。
つり革は三角形のもので、すべてパイプを通して吊されています 9101Fは営業運転を開始したのは2020年1月5日ですが、甲種輸送されたのは2020年5月18日です
このほか、吊り手の高さを1,580 mm (従来比50 mm下降)、荷棚の高さを1,750 mm (従来比45 mm下降)とすることで、小柄な利用客の利便性を向上させている 地方鉄道免許・名古屋鉄道(元知多鉄道)・昭和11 - 17年 「監督局 第289号 電動客車型式、記号番号変更ノ件 昭和16年1月30日」 書籍 [ ]• 扉上部にはとが千鳥配置されている
導入経緯 [ ] 本系列は旧式車両の置き換え(車両置き換えによる扉配置の統一、ロングシート化及び一部中間車の先頭車化)を目的に製造された通勤型車両である 中井祐輔「名古屋鉄道9500系」『鉄道ピクトリアル』第969巻、鉄道図書刊行会、2020年2月
側窓は連結部(フリースペース側のぞく)のみ上面一部が開閉可能で、他は固定窓である 室内の配色にはを多用し、落ち着いた空間を演出している
河和線高横須賀~南加木屋間の新駅設置工事、名古屋本線岡崎公園前駅・本笠寺駅のバリアフリー化を引き続き実施するとともに、常滑線聚楽園駅のバリアフリー化に着手する 名鉄はこの新型車両増備のほか、2021年度は知立駅付近(名古屋本線・三河線)、喜多山駅付近(瀬戸線)、布袋駅付近(犬山線)、若林駅付近(三河線)、苅安賀駅付近(尾西線)の高架化工事を継続
また、制御方式は炭化ケイ素 SiC をハイブリッド適用したIGBT素子を用いたVVVFインバータ制御となっています 退役 [ ] 瀬戸線は地下新線による乗り入れ工事完成に際して、架線電圧を従来の600 Vから幹線系統と同一の直流1,500 Vへ昇圧することとなった
同時にモ915とモ917の間で記号番号の振り替えが行われ、旧番順にモ917(2代)・モ915(2代)となった 白井良和 『私鉄の車両11 名古屋鉄道』 1985年12月• 戦後の動向 [ ] 本形式は合併後も主に常滑線系統で運用され、全車とも空襲などによる戦災を免れたものの、(昭和23年)8月に発生した火災において 、モ914(初代)がモ3300形3301・3304(旧愛電デハ3300形、車番はいずれも初代)とともに被災焼失した
70