雑 説 現代 語 訳。 韓愈「雑説」の書き下しと現代語訳と重要表現の解説2

文脈から、逆説として解釈する。

故雖有名馬、秖辱於奴隷人之手、駢死於槽櫪之間、不以千里称也。

意味は「どうして~か。

意味は「それとも~か」。

意味は「見抜けない」。

・ 歴史的かなづかいによる書き下し文です。

42

読みは「と」。

これを飼育するのに、その素質を十分に発揮させることができない。

意味は「首を並べて死ぬ」。

この名馬飼うのに、その才能を発揮させることもできない。

読まない書き下さない。