轍 意味。 轍の意味とは

一年も経たないうちに、また同じような轍を踏んでしまった。

車輪が地面を強く押してできた跡を意味します。

自分ではなく他人の失敗をさす場合に使う 「同じ轍を踏む」でさしている失敗は、自分自身が以前にした失敗や過ちではなく、他人が過去にした失敗や過ちをさしています。

まるで、どこまでも続くまっすぐな車道にきれいな二本の轍がついていくのが目に見えるようです。

使い方としては「好きな小説の舞台となった場所への轍を調べる。

「轍を踏む」とは「同じ失敗を繰り返す」という意味。

「希望」という名の轍を鮮やかに残しながら。

それが転じて、「 前の人の失敗を繰り返すたとえ」となりました。

「轍(てつ)」は「わだち」とも読み、ぬかるんだ道や雪道などを走った時にできる車の車輪跡のことをさします。

そのままでは前任者の二の舞ではありませんか? 「二度あることは三度ある」は「物事は繰り返すということ」 「二度あることは三度ある」とは、二度おきた出来事は三度目もおきる可能性が高いということ。

11