日本 情報 クリエイト 株価。 日本情報クリエイト (4054) : 株価/予想・目標株価 [Nihon Jyoho Create]

3Q累計最終利益は35%の大幅増益! 日本情報クリエイト [東証M] が5月14日大引け後 15:05 に決算を発表。

74
また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 尚、顧客から前払いで受領したサービス利用料について、負債の部に前受金として5. 3億円 着実な増収増益が続いているが、今期(2020年6月期)は経常利益5億円の大台到達を予想している。 55 倍• IPO情報 初値 2,210円 資金吸収額 2,227,550,000円 公開価格 1,300円 内訳:公募 956,800,000円 初値の騰落率 70. 不動産会社から入居者に対し契約更新や物件メンテナンス、請求案内等を通知することができ、一方で入居者からは不動産会社への問い合わせなどがチャット形式で行えるサービスとなっている。 1%増に拡大し、従来の6期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。 高値 09:20 2,015• 時価総額 15:00 27,256 百万円• 「賃貸革命」は不動産管理会社がアパート、マンション等の契約締結や入居者からの家賃入金管理、入金集計後のオーナー送金、解約の処理等、賃貸管理に関する一連の業務を効率的に行うための基幹システムである。 今期はQ3時点で売上高17億円、経常利益4. 0億円であり、既に経常利益は前期の通期実績を超過しており、予想達成に向けた進捗は順調である。 9億円を計上している。 PER(予想) 15:00 単 63. 前期実績・前々期実績と比較して増益・減益など企業の業績をわかりやすくお知らせします。 2億円 ・事業拡大に伴い専門性の高い人材確保のための人材採用費 0. 売買代金 15:00 86,961 千円• 決算情報 日本情報クリエイト 4054 の決算発表情報。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 6億円を有しており、財務内容に対し特段の懸念事項はない。 仲介ソリューションと管理ソリューションの2者を提供している。
77
始値 09:00 1,990• 尚、不動産会社のホームページ作成システム「Web Manager Pro3」やポータルサイト連携システム「物件データ連動」等のサービスも提供している。 プロの証券アナリストによる売買予想・予想株価を掲載しています。 「管理業務支援サービス」の代表的な製品・サービスは「賃貸革命」であり、「消費者支援サービス」の代表的な製品・サービスは「くらさぽコネクト」である。 併せて、通期の同利益を従来予想の6. ・既存製品の追加オプションサービスに係わるソフトウェア開発費 2. 0%増額した計算になる。 また同社がサービス提供する業者間物件流通サービス「不動産BB」は無料で利用可能であり、24時間いつでも物件情報の共有がインターネット上で可能である。 尚、本社は宮崎県都城市である。 3Q累計売上高は11%の2ケタ増収• 1%上方修正• 4億円 ・中長期の成長戦略実現に向けた次期バージョンの開発などの研究開発費 2. また「くらさぽコネクト」は、不動産会社と入居者間をつなぐコミュニケーションアプリである。 21年6月期第3四半期累計 20年7月-21年3月 の経常利益 非連結 は前年同期比27. 【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。
39