吉本 大崎会長。 大崎会長のインタビューは嘘だらけ?吉本はブラックと堂々宣言?【画像】

テレビもYouTubeも地方も大事にして、いかに吉本にいてよかったと思ってもらえるか 〉 さらに、 例の7月13日付け 「BUSINESS INSIDER JAPAN」のインタビュー の中で、大崎洋 会長は金銭授受の発表が遅れたことについて質問されて、こう語っていたのです
吉本に契約書がないと言っているのは、つまり専属実演家契約のこと どうやら紳助さんを担ぎ出し、YouTubeに出演させたことに相当おかんむりのようです
」と ネタにしていました 「僕らも(宮迫が)不義理をしたとか、後輩に対してもうちょっと何とかしてあげたら、というのもあって
会長は時に冗談を交えながら朗らかに取材に応じてくれていた 正攻法で頭を下げていったら分からない会社じゃないと思う」と残念がった
人格も大事やけど、芸を評価する また「先代の林(裕章)社長には育ててもらった恩があるが、現在の(おそらく発言当時は大崎社長)社長にはお世話になっていないから、好きな時に辞めさせてもらう」と言っていました
しかし、著書によれば吉本社内において様々な意見が出たが、大崎は紳助本人に決断をしてほしかったと述べられている ) 2011年にはテレビ東京の『カンブリア宮殿』にも出演するなど、関西地方に留まらず国民レベルで注目される経営者です
62
が60分にわたり彼らへの思いを語った。 現在は小室さんとは全く関係無くなっていて、社名も㈱よしもとミュージックに社名変更されています。 昨年末をもって『オリエンタルラジオ』中田敦彦 38 と藤森慎吾 37 が、1月30日には『キングコング』西野亮廣 あきひろ 40 が退所。 大崎洋さんは、松本さんと浜田さんと3人でネタ作りをしたり、 とくに松本人志さんとは、映画館や銭湯など2人で出かけるなど、 本当の兄弟や同士のような存在だったということですね。 タレントと社員という間柄ですが、若い頃から切磋琢磨し合ってきた3人。 夜が空けた明け方近くまでずっと負け続けた大崎はおもむろに立ち上がり、カーテンと窓を開けて外に向かって大きな声で「絶対に出世する! 僕らの思っている以上に温度が高かったというか」と話した。 大崎会長「あのときのプールの約束、今使うわ」 松本人志「こんなときにですか…わかりました」 一体どんなことに使われたか…めちゃくちゃ気になりますが、これは男2人だけの秘密なのでしょう。 そのため個人的には、吉本興業のお家騒動はそのまま収束してしまうのではないかと思います。 世間のメディアでは、強面の剛腕経営者というイメージもある大崎洋さんですが、 素顔は優しい「お父さん」なのかもしれません。 「むしろ逆ちゃう? 西野君の場合は、会社と本人、それぞれ言い分はあるにせよ、結果としては双方納得したうえでの退所。
11