とびひ 薬。 とびひの薬は何が良い?ロコイド?アクアチム?

48

学校を休む必要はありませんが、できるだけ早く治療を受けてください。

<セフェム系薬> ・L-ケフラ-ル・ケフレックス・サマセフ・L-ケフレックス・ケフレックス・センセファリン・ラリキシン・タイセファコール・オラスポア・パンスポリンT・オラセフ・フロモックス・トミロン・セフスパン・メイアクト・セフゾン・セフテム・バナン・ケイペラゾン・シオマリン 症状の改善具合を見ながら、その都度、量や薬の内容を調整していき、かゆみが強い場合などは、かゆみを抑える抗ヒスタミン薬が処方されることもあります。

おもに黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)を原因菌とし、接触感染によってうつります。

ステロイドはリンデロンVG軟膏と同じものが使われており、こちらも炎症に強い薬となっています。

そして、その他の症状として、赤く腫れあがったり、炎症を起こし発熱や喉の痛みがでる場合があります。

細菌が原因でおこる皮膚炎や化膿性炎症などの病気の治療薬として最適という事になるのですね。

抗菌薬の殺菌作用に加えて、皮膚のかゆみや炎症を抑える効果も期待できるお薬ですね。

赤くはれた部分に小さな膿の入った水ぶくれやびらんをつくり、厚いかさぶたができます。

肌断食中の方、化粧水を使うのをやめたけど今日はなんだか乾燥する…というときにヒルドイドソフト軟膏かなりいいですよ。

42

調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号 MBA を取得。

ただ、上記にも示した通り、原因となる黄色ブドウ球菌には抗生剤の耐性があるものがいて効かない場合もありますので、基本的には病院を受診することですが、土日などでとりあえず使用する場合には以下のようなものがあります。

とびひの際に、自己判断でステロイドを使うのが危険なことには変わりありませんので、その点は注意しておきましょう。

2.治療 通常のごく軽い場合には、抗菌薬の軟膏を1日に1~2回塗ります。

また、 薬によっては顔や目の周りに使えないものもありますので、使う前に説明書などをよく確認しておくようにしてくださいね。

必要に応じて包帯を軽く巻いて固定する 塗り薬を塗る時のポイント 基本的には、 患部を清潔にした上で薬を患部に直接塗り、軽くガーゼを貼るという形になります。

副作用は時々下痢がある程度で、その他に目立った副作用はほとんどありません。

57