福島 自身。 福島県沖 震度6強のあとも地震相次ぐ 今後1週間程度注意を

3 1924 8月15日 03:02 36度24. 2016年の地震は型であったのに対して2021年の地震は逆断層型であり、震源の深さも2016年の地震は25kmと2021年の地震よりも浅かった。

68
13日 土 24時現在で、震度1以上の余震と見られる地震は6回発生しています 地震の影響で、建物が壊れたり、土砂災害が起きたりしているところがあります
「JESEA 地震科学探査機構」が捉えた6つの前兆 その村井教授が取締役会長をつとめる「JESEA 地震科学探査機構」では今回、福島沖M7. 建物一部破損194件 首相は「内閣総理大臣として国民に対して責任を果たすのに、議員宿舎だからできないということはない」と反論した
隣り合う2県の隆起の速度を比較すると、震源に近い「宮城県」と「福島県」の2県の隆起の速度の差が一番大きく一番ひずみが溜まっていたと考えられるとしている(図2) 2021年2月17日閲覧
航空各社は、東北新幹線開業後は定期便がないと、、に臨時便を運航 するなどした 長周期地震動 [ ] 階級 階級 都道府県 地域 階級4 福島県 階級3 宮城県 北部、南部 福島県 階級2 岩手県 内陸南部 宮城県 中部 内陸南部 山形県 、、、 福島県 茨城県 北部、南部 栃木県 北部 北西部 東部 、 東部、 中部 階級1 東部、中部 北部、津軽南部、、 岩手県 沿岸北部、沿岸南部、内陸北部 栃木県 南部 南部 埼玉県 北部、南部、 千葉県 北東部、南部 、東部 神奈川県 西部 山梨県 中・西部 長野県 南部 東部、中部 西部 階級4を観測したのは、に発生した以来約3年ぶりで、に観測を開始してから4回目、3月の本運用開始後初めての観測となった
小津波あり 下記に昨日の地震を含む3回の地震の際のから引用してみます
()では、 - 間で臨時列車を1往復運転 また、日本国内で震度6弱以上を観測したのは、の以来であった
16

つまり、隆起速度の違いがひずみを生み、ここ1週間で大きく変動したことを示している。

18 1987 4月23日 05:13 37度05. 福島県沖をはじめ、青森沖や茨城沖でM8の地震が近い将来に起こりえます」 福島県沖地震は、さらなる巨大地震の前触れでしかないようだ。

日本語 PDF プレスリリース , , の2021年2月14日時点におけるアーカイブ。

停車駅は東北新幹線各駅に準拠した。

小津波あり。

37