歯茎 の 痛み。 歯茎が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

歯並びの一番奥にあるため歯ブラシも届きにくく不潔になりがちで、歯の一部が歯茎に埋もれていると、その隙間に汚れがたまり細菌が繁殖して虫歯や炎症が起こり痛みが出ます。

歯の根の先に膿が溜まっている場合 歯の根の先に膿が溜まる病気「歯根嚢胞(しこんのうほう)」は、症状が全くないまま進行してしまうことが多くあります。

治療法 詰まった食べかすをきれいに取り、虫歯の治療をすれば詰まらなくなります。

また、奥歯の噛み合う部分など、散漫に磨きがちな部分にも注意するとよいでしょう。

歯石が蓄積しないようにするために、できれば一年で3回は、歯医者さんでクリーニングを受けることをおすすめします。

歯石は、歯みがきで落とすことができません。

食事中や就寝時には気にならないものの、 食後に痛みが悪化することが多いです。

このコンタクトは、デンタルフロスが何とか通るくらいのくっつき具合が理想とされ、歯科医院で銀歯などの被せ物を入れる際にはややきつめになるよう調整します。

親知らずの場合は、腫れた歯茎を間違って噛んでしまうことも原因として考えられます。

歯茎が赤く腫れていて、歯磨きの時に出血するのは、歯周病の初期段階の歯肉炎の状態です。

45

放置すれば細菌感染がどんどん広がってしまうため、できるだけ早く、歯医者さんで歯の根の中を診てもらいましょう。

治療法 噛み合わせに関係していないようであれば早期に抜歯をしたほうがいいです。

多くは真ん中が白くただれた丸い潰瘍ができ、触ったり香辛料などの刺激によって強い痛みを感じます。

歯科医院で治療を受けても歯の痛みが治らない場合は、 歯科以外にかかることを検討しましょ う。

特に左下顎の歯茎に放散しやすく、突然痛みが現れた場合は注意が必要です。