大東 俊介 生い立ち。 大東駿介の過去の生い立ちが壮絶!対人恐怖症克服に行った事とは?

というわけで、 俳優、 大東駿介 大東しゅんすけ さんの 「地元出身地は堺市? 大東さんのお父さんも実は少し役者経験があるそうなんです。 has-purple-crush-gradient-background,:root. そのうち、電気水道が止まり空腹で命を失う危険まで感じたほどで、その後、伯母の家に身を寄せていました。 しかし小さいように見えても、実は芸能界の有力事務所が後押ししているんです。 。 結婚前は飲食店関係で務めていたそうですが、現在は3人の 子供を育てる専業主婦ということです。 5月のさる週末。 そして、初めてコンタクトレンズをつけた時には、「人ってこんな顔で俺のこと見てんや」と思い、対人恐怖症になってしまったそうです。 しかし、10代の頃から人見知りが激しくなり、決まった友だちとしか遊べなかったとも。
そこからめちゃくちゃ怖くなって」と眼鏡やコンタクトをつけずに過ごし、手汗もとまらなかったという高校生活を明かした。 その境遇が劇中で亡き父と向き合う航の役と少し重なっていました。 important;background-repeat:no-repeat;background-size:142px 16px! 大東駿介さんの 父親も 役者を目指していた時期があった、 とのことでした。 人と人との境界線があまり関係ない文化だったので、そういう大阪人が国境線を越えてしまうと、本当にいろいろな境界線を飛び越えちゃうのかもしれない。 また大東さんは中学時代に小学校時代に仲が良かった女子生徒に告白していますが、残念ながらフラれてしまっています。 NHKの大河ドラマ『いだてん』では、水泳金メダリストの鶴田義行役を体当たりで演じた。