ラグビー 福岡 医学部。 福岡堅樹「裏口」医学部合格疑惑の真相と疑問

日本代表合宿でも続け、今年2月に順大医学部に合格した。

医師への道を歩むため、今季限りで現役を退くラグビー元日本代表WTB福岡堅樹(パナソニック)=福岡県古賀市出身=が有終の美を飾った。 自らのゴールのために何をすべきなのか。 一体、どのように育てられ、どんな勉強をしてきたのかは、子を持つ親はもちろん、誰もが気になるところだろう。 ちなみに、福岡選手は、 高校生の時に筑波大学医学部を目指して不合格となり、情報学部に入学したという経歴を持ちます。 筑波大学 スポーツ医学選考(スポーツドクター整形の専門コースもあります)• これで競技人生に終止符を打つつもりだったが、医学部受験を2度失敗。
70 49