明治36。 明治年号早見表・干支早見表

- らによって日露交渉が開始される。

- 率いるが郊外での住んだを発見 36.第6回東京勧業博覧会でのウォーターシュート・絵葉書 37.東京勧業博覧会観覧車・絵葉書. で第5回開催( - )• - - イギリス国王がパリ公式訪問
: 5663年4月2日 - 5664年4月23日• 必然火災も発生し、死者は7273人、全壊焼失14万戸 - でとドラガがによりされる
- が人類初の動力飛行に成功 日付不詳 [ ]• - 開通• - がに就任• - 現行ので、ボストン・アメリカンズ(のち)が優勝 当時はトマトの独特の匂いが市場や八百屋で嫌われ、全く置いてもらえない状況が続きますが、後に西洋ではソースとして使われていることが多い事をヒントに作ったのが、トマトケチャップとウスターソースです
- William Randal Cremer フィクションのできごと [ ]. 36年• 明治36年(1903) 7月7日 近畿、東海、北陸 豪雨 死者不明は愛知県中心に42人 明治38年(1905) 6月2日 地震 M7.3の芸予地震起こる 死者11名、家屋損壊6232戸 明治39年(1906) 10月23日 九州山陰 台風 鹿児島で死者700人以上、長崎で600人以上 明治40年(1907) 7月20日 炭塵爆発 豊国炭坑で炭塵爆発、死者365人 明治40年(1907) 8月24日 豪雨 18万7千戸余が流失 明治41年(1908) 1月18日 天然痘 大阪で天然痘発生30人罹患、年内に全国に蔓延し4265人死亡 明治42年(1909) 8月14日 ・ 地震 M6.8の姉川地震で死者41人、家屋全壊1653戸 明治44年(1911) 6月15日 奄美大島沖縄周辺 地震 M8.0の喜界島近海地震で死者12人、家屋全壊422戸 明治44年(1912) 9月21日 山津波 霧島温泉郷で大雨のため山津波が発生し約50人死亡 明治45年(1913) 4月29日 ガス爆発 夕張炭坑でガス爆発し276人死亡. 豊島線( - 間)開通(現)• 沿革 明治36年 姫路市堅町37番地に於いて、うすや足袋の製造を創める
明治27年(1894) 10月22日 地震 M7.3の庄内大地震で739人死亡 明治29年(1896) 6月15日 三陸地方 大津波 釜石沖での海底火山の爆発によって生じた大津波で死者2万7千人、流失破壊家屋1万戸 明治29年(1896) 8月31日 地震 M7.5の陸羽大地震で209人死亡 明治32年(1899) 8月28日 中国四国地方 台風 別子銅山で山崩れが起き584人死亡するなど1410人死亡 明治33年(1900年) 4月20日 火事 大火で1700戸焼失し、7人死亡 (写真34) 因みにこの近くには山谷堀があり、それらの堤防があったことから、この前の通りは【土手通り】とも言われ、そこから【土手の・・・】という名がついています
東京に初めて路面電車が走ったのもこの年です 4月 [ ]• 江戸~明治期の火消し用刺し子半纏 この年2月に日露戦争が勃発しますが、この後に大流行した女性の髪形に【二百三高地髷】があります
- 第1回大会開催( - 7月19日)• 2563年• 6月 [ ]• こうした火消しの人たちは、常に死と隣り合わせということもあり、威勢のいい柄の半纏を用いていたそうです 当時は千葉県富津から海水を運び入れ、循環設備も整っていたようで、111種の魚が泳いでいたそうです
この頃の店舗は、二階建てで上下階合わせると760畳ほどもあり、客は正面入口で下足を脱ぎ、履物をあずけて畳と絨毯の上を歩いて買い物する造りで、この後店内に食堂を開設したり、輸入化粧品や、靴、洋傘など扱い品目も増えていきます 11月 [ ]• - 日本初のであるのが開業

この他この年の出来事としては、警視庁が東京市内の自動車制限速度を時速8マイル(約13㎞)に制定。

明治33年(1900) 7月17日 火山噴火 安達太良山大噴火、硫黄鉱山施設が全滅し70人余死亡 明治34年(1901) 10月7日 台風 福岡県筑後川の氾濫で死者10人、また長崎県沖で「鶴彦丸」沈没し、48人死亡 明治35年(1902) 1月24日 遭難 八甲田山で訓練中の歩兵210人が大吹雪のため遭難し、内199人が死亡。

この時は試用として設置されましたが、正式に登場したのはその7年後のことで、その後全国各地に設置されていきます。

- 調印(米国がの永久租借権を獲得)• 右は当時の火消したちが使っていたと思われる防火用の木製の【ポンプ】です。

また、夏目漱石が【ホトトギス】にて【吾輩は猫である】を発表したのもこの年です。

明治時代の出来事 明治31年~明治40年 1898-1907 ・ 日本で初めて自動車が走ったのがこの年で、フランスのメール・フェートンという自動車が、築地から上野をデモンストレーション走行しました。

ただでさえ大きな看板塔が、夜になると文字が光るという効果抜群の宣伝塔で、ここ以外にも大阪や浅草にも塔が建ち、特に浅草の仁丹塔は昭和61年に解体されるまで、浅草のシンボルとして親しまれていました。

今ではごく普通に目にするバナナですが、台湾バナナの輸入が開始されたのがこの年です。