テドロス ツイッター。 テドロス事務局長の発言を時系列まとめ!中国擁護で炎上?(コロナ2020)|Media Sunshine

4月27日のジュネーブでのテドロス氏の発言は、物忘れが酷い状態です。

2013年6月18日閲覧。

Kortam, Hend 2013年6月18日. Business Insider 2012年10月13日. 2013年6月18日閲覧。

台湾に限らず、今回の新型ウイルスの感染拡大への対処で国際社会は、テドロス氏の姿勢が「中国寄り」で、「WHOは政治的中立性が保てていない」とする厳しい視線を投げかけており、日本でも麻生太郎副首相兼財務相が「WHO(ワールド・ヘルス・オーガナイゼーション)ではなく、CHO(チャイニーズ・ヘルス・オーガナイゼーション)ではないか」と揶揄されていると指摘している。

2013年10月13日時点のよりアーカイブ。

製薬会社に対しても、での利用を前提にした審査を速く進めるため、ワクチンの安全性や効果についてのデータをWHOに速やかに提出するよう求めた。

今こそ力を合わせて、さらなる感染を防がなければいけない。

中国政府系メディアはこのほど、同事務局長への支持を訴える評論記事を掲載した一方で、 同氏が本国エチオピアの外相を務めた頃、 中国側が同国に1兆円以上の融資を行ったと明かした。

外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

経済的余剰はほとんどなく、国は独自の医療システムを構築する能力を欠いており、健康のためのエチオピア人的資源の多くは国外へ逃げ出した。

7 58
中国の影響力が強い国際社会において、いわゆる「マスク外交」を展開し、台湾の存在感を高めようという意図が感じられる。 64)。 そして、もちろんこれは世界の意見だ」と答えた。 テドロスは、隠蔽の申し立てを否定し、彼自身が「土壇場の名誉を傷つける政治工作」と呼ぶものについて「まったく驚いていないが、非常に失望している」と述べた。 Tedros for WHO Director-General. 2017年9月15日閲覧。 長年にわたり、WHOの重要ポストには、中国の息がかかった人材が抜擢(ばってき)されてきた。 テドロスは、を卒業後、1986年に保健省に入った。 ここに、台湾社会の意識が内包されている。 2005年に保健大臣に就任すると、テドロスは強いビジョンを持つ省庁を継承したが、そのビジョンを満たす能力はほとんど無かった。 WHO(世界保健機関)から排除されているために最新の情報が入らず、不安が高まっているからだ。
40